冨安が引く手あまた!? ボローニャTDが“外部”の関心に言及「多くの人が望んでいる」

ボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】
ボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】

サバティーニTDはユベントスやミラン以外のクラブからの関心があることを示唆

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋はイタリア挑戦2年目も堂々たるプレーを見せ、守備の柱の一角を担っている。技術部門を総括するワルテル・サバティーニTD(テクニカルディレクター)によると、多くのクラブが存在に興味を示しているようだ。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 日本代表の次世代DFリーダーとして期待を背負う冨安は、アビスパ福岡の下部組織で育ち、2015年にトップ昇格。18年にベルギー1部シント=トロイデンに移籍し、昨季からボローニャで主力として活躍している。今季はここまでリーグ戦全21試合にフル出場(計1890分)して2ゴールを記録。右サイドバック、不慣れな左サイドバックでの起用にも対応しているなか、昨年12月23日のセリエA第14節アタランタ戦(2-2)では、技ありのチップキックから今季初ゴールを決めた。

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)ら世界トップクラスのストライカーたちと対峙してきた冨安。過去にユベントスやACミランの名門が獲得に興味を示していると噂されたが、イタリア国内での“冨安人気”は上昇しているようだ。

 記事では、冨安を「ロッソブルー(ボローニャの愛称)の宝石の一つ」と評価したうえで、ボローニャの技術部門を総括するサバティーニTDがイタリアのテレビチャンネル「Teleroma 56」で語った内容を紹介。「多くの人がサムライを望んでいる」と、ユベントスやミランに続いて引く手あまただと明かしたという。

 安定したパフォーマンスを続けられれば、ビッグクラブ移籍の道が開ける可能性は高まっていくに違いない。


【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング