新加入MFの姿も! FC東京の若き守護神、沖縄で同僚と「映え映え」ショット公開

FC東京でプレーするGK波多野豪が沖縄キャンプの様子を公開【写真:Getty Images】
FC東京でプレーするGK波多野豪が沖縄キャンプの様子を公開【写真:Getty Images】

波多野豪が公式インスタグラムでキャンプの様子を公開

 FC東京の東京五輪世代GK波多野豪が公式インスタグラムを更新した。現在、沖縄でキャンプに臨んでおり、青空の下、チームメートと肩組み写真を公開。「映え映え」と綴って、順調にトレーニングを積み重ねている様子を投稿している。

 身長198センチの長身GKである波多野は、FC東京の下部組織から2017年にトップチームへ昇格。昨季の第9節セレッソ大阪戦でJ1デビューを果たした。絶対的守護神GK林彰洋とポジション争いを繰り広げるなど、目覚ましい活躍を遂げた。林が右膝前十字じん帯損傷・外側半月板損傷により長期離脱したことから、レギュラーとしてゴールマウスに立ち、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも好セーブを連発。東京五輪世代の守護神候補として名乗りを上げた。

 昨季はルヴァンカップ優勝にも貢献し、今季の飛躍も期待される波多野は、公式インスタグラムを更新。FC東京は26日から沖縄キャンプに臨んでおり、その様子を公開した。主将の東の携帯電話を使って、新加入選手のMF渡邊凌磨も含めたチームメートとの集合写真を撮ったようで、青空の下で肩組みショットを投稿している。

「まだまだ上げていくよ 慶悟さんのiPhone映え映え #やってこーよ」

 今季も長谷川健太監督の下、タイトル獲得を目指すFC東京。ムードメーカーの波多野は、キャンプからチームを支えていく覚悟のようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング