“違い”を作る選手は「すげえもの」が見える 不確実なサッカーを彩る名手の閃き

今シーズンで引退した元川崎MF中村憲剛【写真:Getty Images】
今シーズンで引退した元川崎MF中村憲剛【写真:Getty Images】

【識者コラム】不確実な世界にあるサッカー、意表をつく時に「違い」は作られる

 コーエン兄弟の映画『バスターのバラード』は6つの話からなるオムニバス形式。そのうちの1話、「早とちりの娘」にこんなセリフがある。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「見て触れるものの確実性は、ほとんど理にかなっていない」

 コーエン兄弟の映画に通底するテーマとも言えそうだが、サッカーに置き換えてもこのとおりだと思う。

 例えば、ポジショナルプレー。あるいはプレッシング、縦に速い攻撃、ハードワーク……それがあれば勝てそうだけれども、もちろんどれもすべて全くあてになりはしない。一見、理にかなっていて、確かにある面で真実ではあるが、こうした確実さは「ほとんど理にかなっていない」わけだ。

 なぜなら世の中もサッカーも不確実だから。不確実な世界にある確実性は、ある意味で巧妙な罠になる。あまりにも不確実ゆえに、人はつい確実性にすがってしまうからだ。そんなもの「ありえない」と、どこかで思いながら。

 戦術的なアイデアをインチキ扱いするつもりは毛頭ない。それぞれに理はあるし、役にも立つ。ただ、確実ではないだけだ。

 現場で指揮を執る監督が頼りにしているのは理論よりも、もっと曖昧な、よく分からないものだと思う。サッカーではよく「違いを作る選手」という言い方をする。違いを作る選手が、何をどうするのかは予測できない。予測できるなら「違い」は作れないとも言える。ただ、その選手が「違いを作れる」と分かっているだけだ。

 違いを作る選手はテクニックを駆使する。身体能力や判断も含め、なんらかのプレーが相手の予測を上回ったり、意表をつく時に「違い」が作られる。

 技術にもいくつかの段階があって、例えばピタリとボールを止められる、即時に正確に蹴り出せる技術は基本だが、基本だから簡単というわけではない。むしろ基本を極めた選手こそ素晴らしい。この手のスキルに優れた選手は、どんなチームのどんな戦術の下でも非常に役に立つ。戦術を機能させられる選手だ。ただ、この手のスキルに優れているだけでは「違い」はあまり作れない。

page1 page2

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」