リバプールFWサラー、マンUとの首位攻防戦に意気込み 「95分間プレーしたい!」

リバプールFWモハメド・サラーが首位攻防戦に向けて意気込み【写真:Getty Images】
リバプールFWモハメド・サラーが首位攻防戦に向けて意気込み【写真:Getty Images】

「すべての試合で最後の1分までプレーしたい」とフル稼働に意欲

 プレミアリーグ暫定3位のリバプールは現地時間17日、首位のマンチェスター・ユナイテッドとの大一番を迎える。この試合を前にリバプールの得点源であるエジプト代表FWモハメド・サラーは、試合に出続けたいと強い意欲を示した。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 欧州サッカー連盟(UEFA)主催の大会に出場するクラブの主力選手たちは、年間50以上の試合をこなさなければならない時もある。選手たちのコンディション維持は、監督たちにとって、大きな悩みの種となるが、リバプールの攻撃を牽引するサラーは、休みを必要としていないようだ。

 直近のリーグ戦3試合はノーゴールに封じられたサラーだが、ここまでのリーグ戦16試合で13得点を記録し、現在も得点ランクの首位を走っている。ユナイテッドとの大一番でもゴールが期待されるスピードスターは、衛星放送「ビーイン・スポーツ」のインタビューで、「僕はすべての試合、最後の1分までプレーしたい。90分間だけじゃなく、95分間プレーしたいんだ!」と訴え、「でも、監督の決断は尊重するよ」と、付け加えた。

 昨季のリーグ戦のホームゲームで、ユナイテッドからゴールを挙げて2-0の勝利に貢献したサラーは、今後の優勝争いについても言及した。

「新型コロナウイルスの影響で、状況はまったく異なってしまった。ファンがいない状況だから、すべてのチームに勝利するチャンスがあると思う。今シーズンのプレミアリーグの優勝クラブを予想するのは、早過ぎる。すべてのチームが接近しているからね。でも、僕たちが連覇できると信じているよ」

 ユナイテッドとリバプールとの勝ち点差は「3」。この試合に勝利すれば、リバプールは首位に立つ。昨年のホームゲームでは、後半アディショナルタイムにダメ押し弾となるゴールを決めたサラーだが、再びライバルから得点を挙げて、チームを勝利に導けるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング