あの青森山田を追い詰めた! 帝京大可児の監督と主将も手応え 「このサッカーで全国優勝を」

敗れたものの手応えを口にした帝京大可児の仲井正剛監督【写真:Football Zone web】
敗れたものの手応えを口にした帝京大可児の仲井正剛監督【写真:Football Zone web】

3回戦で青森山田に2-4と敗戦も… 優勝候補を相手に善戦

 第99回全国高校サッカー選手権は3日、駒沢陸上競技場で帝京大可児(岐阜)と青森山田(青森)の3回戦を行い、青森山田が4-2で逆転勝利を収めた。試合には敗れたものの帝京大可児は優勝候補を相手に善戦を繰り広げた。試合後、監督と主将は格上の対戦相手を追い詰めたパフォーマンスに胸を張っている。

 高校サッカー屈指の名門校である青森山田はMF柴崎岳(レガネス)、DF室屋成(ハノーファー)ら数多くの日本代表選手を輩出。2016年、18年度に優勝、昨年度に準優勝の功績を残しており、今年度もJ1浦和レッズに加入内定している主将DF藤原優大や2年生ながら背番号「10」を背負うエースMF松木玖生らを擁す優勝候補の一角だ。

青森山田は2回戦で広島皆実を2-0で下し、手堅いスタートを切っていた。しかし、3回戦では帝京大可児が想像以上の善戦を見せ、下馬評の高かった青森山田を激闘へと引きずり込む。前半7分、ショートカウンターからMF三品直哉が左足で流し込み、県予選から無失点で勝ち上がってきた青森山田の強固な牙城を崩した。その後は3連続失点を喫するも、後半22分にエースFW大森涼がネットを揺らした。

 最終的には2-4で競り負けたが、青森山田を相手にアグレッシブなサッカーで予想以上の善戦を繰り広げた。試合後、仲井正剛監督は「選手たちは自分たちのやりたいサッカーに対して精度の上がったプレーもいくつか見せてくれた。それが相手の得点より多くできなかったのは反省点だが、自分たちのサッカーをするという点で今日は時間が短かったにしても多少はできたと思う」と手応えを口にした。

 また、主将のMF小宅空大は「通用した部分は高い位置でボール保持して、ズラしながらボールを運べたこと」と振り返りつつ、青森山田との対戦について「高さが脅威だった。後輩にはJリーグ内定(湘南ベルマーレ)の(鈴木)淳之介とか、得点力のある三品、背中を任せられる糸魚川(侃太郎)も出ていた。このサッカーで全国優勝をしてほしい」と後輩たちにタスキを渡した。試合には敗れたものの、青森山田との激闘は今後の帝京大可児の糧となるはずだ。

(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング