昌平の危機を救った“篠田兄弟” 殊勲の兄・大輝が誓う野望「サッカー王国・埼玉を復活させたい」

兄・大輝はジョーカー役として自信「常に自分がヒーローになるつもりで準備している」

 本当に強気の男である。Jリーグの浦和レッズのジュニアユースに在籍したが、ユースには昇格できなかった。高体連で昌平を選んだのは、青森山田の優勝を見て高校サッカーに憧れたが、その青森山田を倒して高校日本一になるためだ。「きょうは2点取るつもりでいたけど、弟に1点譲ってあげました。常に自分がヒーローになるつもりで準備している」と言い放つあたりも頼もしい。

 公式戦で兄弟揃って得点するのは初めての経験だそうだ。

 藤島監督は大輝の決定力に常に期待を寄せ、「点が欲しい時に取ってくれるし、あのパンチ力は魅力です」とジョーカーとして起用する。

 埼玉県予選初戦、浦和南との3回戦でも1-1の後半26分に登場し、同35分にはしっかり決勝ゴールを奪っている。

 大輝の言葉は第60回大会の武南以来優勝から遠ざかっている埼玉県勢にとっては、うれしい限りだろう。

「僕らの手でサッカー王国・埼玉を復活させたい」

 その力は十分ある。決勝で青森山田と顔を合わせ、勝って高校日本一になったら大輝の大願は成就する。

(河野正 / Tadashi Kawano)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング