森保ジャパンの“救世主”遠藤航を南野&久保が大絶賛 「頼もしいプレー」「自信を吸収したい」

後半から出場し、攻守にわたり奮闘したMF遠藤航【写真:ⓒJFA】
後半から出場し、攻守にわたり奮闘したMF遠藤航【写真:ⓒJFA】

森保ジャパンはパナマ戦で遠藤投入後の後半から好プレーを連発

 森保一監督率いる日本代表は13日、オーストリア・グラーツで行われた国際親善試合パナマ戦で1-0の勝利を収めた。指揮官はスタートからシステム「3-4-2-1」を採用し、1トップにはMF南野拓実(リバプール)、2シャドーにMF久保建英(ビジャレアル)、MF三好康児(アントワープ)を起用。前半は連係面で苦しんだが、後半16分に途中出場のMF遠藤航(シュツットガルト)、久保、南野のコンビネーションで奪取したPKを“10番”南野が決めた。前半は3バックが機能せず、課題が残ったなか、“キーマン”として躍動したのが遠藤だった。

 攻守において抜群の存在感だった。前半はなかなか前線へのパスが通らず、決定機を作り出せなかった。だが、後半から遠藤が投入され、流れが変わった。0-0で迎えた後半14分、その遠藤から久保にパスが通ると、すかさず前を向いた久保はペナルティーエリア手前まで運んで最前線の南野へスルーパスを通した。抜け出した南野がエリア内で相手GKに足を掛けられて転倒。同16分に南野が自らPKを決めて、森保ジャパン最多の12点目で勝利に導いた。

 まさに“救世主”だった。苦しんだ前半から頼もしさを見せたのが遠藤。前半は欧州組にとっては初めてスタートから3バックを採用。立ち上がりこそ縦1本のシンプルな攻撃でチャンスを作ったが、徐々に最終ラインから中盤でボールが停滞した。なかなか、1トップの南野、2シャドーの久保と三好にパスが入らず。連係面で課題を残したなか、後半頭から出場した遠藤が“パイプ役”となった。効果的なタテパスに加え、現在、ブンデスリーガ1位を誇るデュエルでも強さを発揮。決勝点に絡んだ南野や久保もその“仕事人”ぶりに信頼を寄せた。

「(遠藤)航くんが、相手のボールを奪ってつなぐ部分とか、ビルドアップの部分でも前を向いてボールをつけてサイド変える部分とか、頼もしいプレーをしてくれた」(南野)

「球際のところでしっかりボール奪って、なおかつ起点になったシーンみたいに速いパスを自分につないでくれたのは一緒にやっていて余裕があるなと感じたし、それぞれのクラブで特に遠藤選手は(結果を)出して自信を持ってきていると思いますし、そういった意味では自分も(遠藤のような)自信を吸収していきたい」(久保)

 前半は3バックの課題が明るみとなった一方で、遠藤のボール奪取力が光った一戦。主将のDF吉田麻也も「以前はなかなかボールが前に行かないことも多かったけど、ベルギー、ドイツに行ってレベルアップしている」とその成長に目じりを下げた。ブンデスで輝きを増す27歳は、17日(日本時間18日)に行われるメキシコ戦でも“主役”として戦う姿を見せることだろう。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング