「この仕事がめちゃくちゃ好き」 日本人“ホペイロ”の挑戦、単身ドイツで切り拓いた道

ブンデスリーガ3部のドレスデンでホペイロを務める神原健太氏【写真:本人提供】
ブンデスリーガ3部のドレスデンでホペイロを務める神原健太氏【写真:本人提供】

【“ホペイロ”神原健太インタビュー|第2回】ドイツに渡って半年で起こしたアクション

 人は確かな自分の居場所を見つけることができたら、そこにずっといたくなる。周りから仕事ぶりを認めてもらえたらうれしいし、ストレスの少ない毎日は居心地いい。でもどこかでこのままでいいのかな?と思う時もくるかもしれない。野心や向上心がざわめいて、自分はもっといろんなことができるかもしれないと動き出したくなる時がくるかもしれない。人が今以上の自分になるためには、どこかで快適な環境から飛び出す勇気も間違いなく必要になる。

 ブンデスリーガ3部のドレスデンでホペイロを務める神原健太には、いつでも胸の中に熱い思いがあった。そもそもチームをサポートする側になろうと思ったのは大学時代だという。筑波大学体育専門学部に入学後、当初はアスレティックトレーナーにも興味を抱いていた神原だが、関東大学サッカー連盟でリーグ運営のスタッフを経験したことが一つのきっかけになったそうだ。

「関東大学サッカー連盟ではリーグを運営する学生スタッフを各大学から出さなきゃいけないんですけど、それを僕がやることになりました。そのなかで関東選抜の主務をやる機会があって、そこでチームについて選手をサポートする仕事ってやりがいがあるだろうなという思いが強くなったと思いますね。気がついたら、ホペイロの仕事をやりたいとなってましたね」

 好奇心が強く、チャレンジ精神が旺盛なのかもしれない。気持ちが動き出すと、すぐに行動へと移していく。大学卒業後にはJ2のFC岐阜などでホペイロを務め、さらに大きな挑戦を求めて今度は海外をイメージするようになった。

 行き先に選んだのはドイツ。最初はイングランドのプレミアリーグが頭に浮かんだが、調べてみたら就労ビザ取得問題がネックになりそうだ。ドイツのケルン体育大学にも興味があったので、ホペイロとしての道を模索しながら、同時に体育大学に通うという選択肢も視野に入れつつ渡独をすることになった。

「最初はマインツに3カ月半ほどいました。FCバサラマインツという元日本代表の岡崎慎司さんが代表で、その岡崎さんの高校時代の先輩・山下喬さんが監督を務めるクラブでインターンとして手伝いをさせてもらいながら、午前中は語学学校に通ってましたね」

 半年近く経った頃、語学学校で履歴書の書き方を学んだ。ふと、何かアクションを起こしてみようかなと閃いた神原は、直接クラブに履歴書を送ってみることを思いついたという。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング