世界的名手イニエスタが「日本人にユニフォーム交換を頼んだ」 53歳カズとの交流に海外熱視線

ヴィッセル神戸MFイニエスタと横浜FCのFW三浦知良が初対戦【写真:高橋学】
ヴィッセル神戸MFイニエスタと横浜FCのFW三浦知良が初対戦【写真:高橋学】

イニエスタと三浦知良がJリーグで競演「伝説同士が出会う!」

 ヴィッセル神戸は8日、J1リーグ第28節・横浜FC戦で1-2と敗れた。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがフル出場したなか、元日本代表FW三浦知良が途中出場してレジェンド対決が実現。海外メディアは「イニエスタが53歳の日本人にユニフォーム交換を頼んだ」と取り上げている。

 直近の6試合で1勝1分4敗と失速中の神戸はアウェーでの横浜FC戦に臨み、イニエスタはインサイドハーフで先発を飾った。試合は前半9分にMF郷家友太が先制点を奪うも、同11分に同点弾を奪われ、後半アディショナルタイムには決勝弾を与え、土壇場で逆転負けを喫した。

 一方、“キング・カズ”こと三浦知良は後半42分に途中投入され、自身が第18節川崎フロンターレ戦(2-3)で記録した最年長出場記録(53歳6カ月28日)を、53歳8カ月13日に更新し、イニエスタとの競演が実現した。試合終了後は、ピッチで肩を組みながら談笑していた。

 そんななか、メキシコメディア「medio tiempo」は「イニエスタが53歳の日本人にユニフォーム交換を頼んだ」と見出しを打ち、世界的名手が日本人選手とのユニフォーム交換を頼み込んだと注目。カズについては「サッカーの歴史に名を刻み続けている」と説明していた。

 また、ルーマニアのスポーツテレビ局「Digi Sport」は「伝説同士が出会う! イニエスタと三浦カズは合わせて89歳」と大々的に取り上げていた。日本サッカー界にとって貴重な瞬間となったが、海外メディアも熱視線を送っていたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング