「100%偽り」 ポグバ、英紙の“代表引退”報道に激怒…宗教問題結び付けられ「こんな深刻な話題で」

フランス代表としてプレーするポグバ【写真:Getty Images】
フランス代表としてプレーするポグバ【写真:Getty Images】

ポグバが「ザ・サン」を名指しで“代表引退”ニュースに反論 「愕然とした」

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、自身の公式ツイッターで、英紙「ザ・サン」の代表引退報道に対して「受け入れられないフェイクニュースだ」と反論した。

 事の発端は、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を授業で見せた中学校の教師がイスラム過激派に殺害された事件にあるという。事件を受けて先週金曜日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、イスラム過激派の取り締まりを強化することを宣言。そのなかでマクロン氏は、「イスラム原理主義者が、私たちの未来を欲している」と、犯人の動機を説明したが、これが宗教に対する冒とくとして、世界中のイスラム教徒の反感を買った。そして、イスラム教徒であるポグバも、この大統領の意見に対して、代表引退という動きに出るのではないかと報じられたのだ。

 だが、ポグバは自身のインスタグラムで、記事を発表した「ザ・サン」を名指しで批判し、「受け入れられないフェイクニュースだ」とスタンプを張って、この記事に反論し、怒りを爆発させた。

「ザ・サンがまたやったよ。僕が言ったこともなければ、思ったこともないことを取り上げた100%偽りニュースが出回った。愕然としたし、怒り、ショックを受け、いら立っている。いくつかの『メディア』は、僕を使ってフェイクの見出しを作りあげ、僕の信仰やフランス代表の話を混ぜ合わせ、現在のフランスが抱えている繊細な問題を記事にする。

 100%のフェイクニュースを出版した者や拡散した人に対しては法的手段をとる。注意散漫なザ・サンには、一言いっておく。何人かの記者は学校に行ったかもしれないが、そこで先生に『ネタ元を確かめろ』と習わなかったのか。確実なこと以外書くなと教わらなかったのか。またやったな。しかもこんなに深刻な話題で。恥を知れ」

 過去には、イスラム教最大の聖地と呼ばれるサウジアラビアのメッカを巡礼したり、イスラム教に改宗した理由を説明していたポグバ。これまで自身の考えもオープンにしてきたからこそ、今回の報道は許せなかったのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング