プレミア、“コロナ余波”で筋肉系負傷が急増 プレシーズン短縮で前年度比42%増「緊急性感じている」

プレミアリーグでは筋肉系負傷者数の割合が増加傾向に【写真:Getty Images】
プレミアリーグでは筋肉系負傷者数の割合が増加傾向に【写真:Getty Images】

開幕から5週間…78件の負傷 「野心的なチームは肉体的な不可を急激に上げたのかも」

 イングランド1部プレミアリーグで選手の筋肉系負傷の割合が前年度比42%も増加していると英メディア「The Athletic」が報じた。新型コロナウイルス感染拡大の余波でプレシーズンが短縮され、過密日程を余儀なくされた影響が懸念されている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 2020-21シーズンのプレミアリーグ開幕から約5週間。現時点で、選手が筋肉を痛めたケースは全体で78件あるという。これは肉離れや筋攣縮、筋肉の緊張などから起こる負傷で、選手の疲労に欠場や直接的な接触によって起きた負傷は含まれていないという。

 同様の負傷に関して、2018-19シーズンは同時期で55件、17-18シーズンは34件、16-17シーズンは47件だったという。また、昨シーズンとの比較では42%増加したともレポートされている。

 17-18シーズンからは2倍以上の増加で、記事では「2020-21シーズン最初の5週間の兆候は、筋肉系の負傷に関して記録的ワーストシーズンになる可能性が高いことを示している」と指摘されている。

 ドイツのイエナ大学のジョエル・メイソン博士はこの問題について、開幕前のプレシーズンが短縮されたことにより、長いシーズンを戦う上での基礎的な体作りが十分でなかったのではと話している。

「野心的なチームは肉体的な不可を急激に上げたのかもしれないし、別のクラブではフットボールの面に特化したセッションを優先させるために通常のフィジカルとレーニングを犠牲にしたのかもしれません。プレシーズンが短くなったことで緊急性を感じているのかもしれません。

 また、毎週複数の試合を行うチームのスケジュールがタイトになると、リカバリーと次の試合の準備を両立させなければなりません。試合から完全に回復するには72時間掛かることもあります。試合の間隔が短いと筋肉の負傷率が上がる理由はこのためです」

 新型コロナウイルスの感染拡大によって昨シーズンは欧州各国リーグの多くが3月から6月まで約3カ月間の中断を挟んだことで、シーズン終了は7月に後ろ倒しとなった。その結果として今季開幕前のプレシーズンは短くなり、十分な休息も準備期間もないままに開幕を迎えていた。

 過酷な過密日程でのシーズンについて、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督やトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督などトップクラブの指揮官たちも苦言を呈している。

 “ウィズコロナ”の中で開幕を迎えた20-21シーズンのプレミアリーグだが、このままでは最も負傷者の多いシーズンとして人々の記憶に残ってしまうことになりそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  3. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  4. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」