浦和・大槻監督、シュート20本超の猛攻に手応え “攻撃停滞”から脱出「喜ばしい」

浦和の大槻毅監督【写真:小林 靖】
浦和の大槻毅監督【写真:小林 靖】

柏戦で1-1のドロー 指揮官「チームに還元されるつながりがあればいいと…」

 浦和レッズの大槻毅監督は、14日のリーグ第22節アウェーの柏レイソル戦に1-1で引き分けた試合後、選手の個性とチーム戦術の噛み合いが見られることへの手応えを話した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は前節のサガン鳥栖戦で、アディショナルタイムの決勝ゴールで3連敗と3戦連続無得点をストップ。そして、この柏戦は攻撃面でチャンスを作ることに苦労していたチームとは思えないような姿を見せた。

 開始わずか30秒で、前節に決勝ゴールのMF汰木康也、FW武藤雄樹、FW興梠慎三のトリオで決定機を作り、前半11分にもこのトリオの連携で相手の守備網を突破した。このビッグチャンスでは、いずれも興梠が相手GKとの1対1を決めきれずに得点にならなかったが、DF宇賀神友弥は「ふたりは長くやっていますし、その2トップの関係性がすごく良い。出し手もシンプルに相手を裏返すようなボールで相手のラインを下げるなど、やることはすごく明確になっている」と、前線の機能性を話した。

 また、左サイドハーフの汰木が2つのビッグチャンスに絡んだのと同様に、右サイドハーフのMFマルティノスも2回の決定機を迎え、武藤はサイドからのボールにゴール前で合わせる決定機が2回あった。興梠の2本を含めたすべてがゴールになっていないという点で決定力を欠いたのは疑いようのない事実だが、選手が持つ個人的な特徴と大槻監督が今季から4バックを導入してやろうとしてきたことが、ようやく調和と噛み合いを見せ始めている感がある。

 指揮官はその点について「選手には自分のスペシャリティは何かと常に言っているし、やり方のなかで、汰木が左にいれば汰木の良さが出るし、今日は連れてきていないが、関根(貴大)が出れば関根の良さが出る。自分自身の理解が高まって、それがチームに還元されるつながりがあればいいと常に話している。それが見られたのであれば喜ばしい」と手応えを話した。

 この試合で20本を超えるシュートを放った浦和の姿は、結果だけを見て得点がコーナーキックのこぼれ球を押し込んだ1点だけだったチームとはかなり違う印象を与えるものだっただろう。8月、9月と攻撃の形が確立されずに得点力不足に苦しんだ浦和だったが、その出口を見つける手ごたえを得るゲームになったのではないだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」