日本は「久保と南野が攻撃の選択肢に」 コートジボワール戦を海外展望「接戦が予想される」

日本代表の南野拓実と久保建英の活躍に期待がかかる【写真:©JFA】
日本代表の南野拓実と久保建英の活躍に期待がかかる【写真:©JFA】

13日にアフリカの強豪コートジボワールと対戦 「日本はエキサイティングなチーム」

 日本代表は現地時間9日、国際親善試合でカメルーン代表と対戦し、0-0と引き分けた。13日にはアフリカの強豪コートジボワール代表との対戦を控えているが、海外メディアは日本対コートジボワールの展望を行っており、「久保と南野が攻撃の選択肢になる」と日本人アタッカー2人に期待を寄せていた。

 Jリーグが過密日程となっており、帰国時の隔離期間もあるため、招集メンバー全員が欧州でプレーする選手となった日本代表は、史上初の“オール海外組”でカメルーン戦に臨むことになった。約10カ月ぶりの代表戦は決め手に欠き、スコアレスドローに終わった。

 13日にはアフリカ屈指の強豪国であるコートジボワールとの対戦を控えている。8日にベルギー代表と対戦し、FIFAランキング1位のチームを相手に1-1と引き分けに持ち込む健闘を見せた。海外メディア「Sport Keeda」は日本対コートジボワールの展望を行っている。

「日本はエキサイティングなチームであり、才能のあるウインガー久保とリバプールに籍を置く南野が攻撃の選択肢になる。ボローニャの冨安もワクワクさせる選手だ。一方、コートジボワールはアーセナルのニコラ・ぺぺや重鎮ザハが攻撃を引っ張る。中盤のケシエとセリは日本のプレーを遮断し、カウンターを展開する重要な存在であることが証明される可能性がある」

 なお、試合結果のスコア予想は1-1としており、「接戦が予想される。両チームの勝敗を決めるのは難しい。その日の出来が結果に反映されるかもしれない」とワンサイドの展開にはならないだろうと予測していた。欧州クラブで活躍するタレント軍団が相手なだけに、日本もベストパフォーマンスを発揮する必要がありそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も