ネイマール、絶妙シャペウ&ノールックバックヒールに海外注目 「相手を当惑させた」

ブラジル代表FWネイマール【写真:AP】
ブラジル代表FWネイマール【写真:AP】

W杯予選ボリビア戦で2アシスト、テクニックでもボリビアを圧倒

 ブラジル代表は現地時間9日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の初戦に臨み、ボリビアにホームで5-0と大勝した。パリ・サンジェルマンに所属するエースのFWネイマールは2アシストで勝利に貢献したが、華麗な美技でも魅せて海外メディアから「ボリビアの選手を当惑させた」と反響を呼んでいる。

 2022年の本大会出場に向けて、カナリア軍団が最高のスタートを切った。前半16分にDFマルキーニョス、同30分にFWロベルト・フィルミーノが決めて2-0で折り返すと、後半4分にネイマールが左サイドをドリブルで仕掛ける。中央のフィルミーノの動きを見極めると、相手選手3人の間を通すパスで3点目をアシストした。さらに4-0として迎えた同28分には、再び左サイドをドリブルで突破して丁寧な左足クロス。“盟友”MFフィリペ・コウチーニョのヘディングシュートをお膳立てした。

 W杯予選初陣で攻撃の中心として存在感を発揮したなか、アシストシーン以外にも“これぞネイマール”という美技を見せている。

 海外メディアも注目しているのは5-0で迎えた後半41分、後方からのロングパスに追いついたネイマールは、左サイドのタッチライン際でボリビアDFヘスス・サグレド相手に“シャペウ”で翻弄。さらに、中央にドリブルをすると、代わりに上がってきた味方にノールックのバックヒールで綺麗にパスを通した。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は、「さりげないフリック、そして素敵なバックヒール。ボリビアの選手を当惑させた」と称賛。スポーツ専門サイト「SofaScore」によれば、この日のネイマールはドリブルを23回中18回成功(成功率78%)させ、これは2015-16シーズンの集計開始以降で最多記録だという。

 王国ブラジルの10番を背負う所以を、改めて自らのプレーで証明してみせた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」