「うますぎ」 神戸イニエスタ、マーカー翻弄の超絶切り返し&バックヒールパスに反響

柏レイソル戦で3試合連続ゴールを決めたヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】
柏レイソル戦で3試合連続ゴールを決めたヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

壮絶な点の取り合いで3-4と惜敗も、テクニックで相手を翻弄

 ヴィッセル神戸は10日、J1リーグ第21節・柏レイソル戦で壮絶な点の取り合いを演じ、惜しくも3-4で敗れた。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは3試合連続ゴールを決めるだけでなく、段違いのテクニックでも意地を見せた。

 神戸は前半20分、柏のエースFWオルンガに今季20得点目を決められて先制を許すと、前半終了間際にも立て続けに2点を失う。さらに、後半7分にもFW江坂任にこの日2点目を与えてしまい、4点の大量リードを奪われた。

 しかし、神戸も途中出場のFW田中順也が2点を返して反撃ムードとすると、後半41分にはFWドウグラスがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。これをイニエスタが冷静に決めて3試合連続ゴールを挙げ、終盤で1点差まで詰め寄った。結局あと一歩及ばず、三浦淳寛新監督の体制となって続いていた連勝は「3」でストップしたが、イニエスタが試合中に見せたテクニックが反響を呼んでいる。

 前半43分、敵陣右サイドをドリブルで駆け上がり、相手MF三原雅俊がついてくると見るや、軸足の裏を通して左側へ方向転換。鋭い切り返しについていけず、三原は思わずピッチに転倒した。イニエスタのクロス一度跳ね返されたが、こぼれ球を拾ったなかで相手が2人がかりで止めにきたところをバックヒールでDF西大伍にパスを通し、技術の高さをうかがわせた。

 衰え知らずの36歳にファンからは「イニエスタうますぎ」といった感嘆の声が上がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング