ハーランドは最強ストライカー!? 驚異の得点率に海外紙が注目「最高の9番の1人」

フライブルク戦で2得点を決めたドルトムントFWハーランド【写真:AP】
フライブルク戦で2得点を決めたドルトムントFWハーランド【写真:AP】

フライブルク戦で2得点を決め、早くも今季2度目のマルチゴールを記録

 ドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、現地時間3日のブンデスリーガ第3節フライブルク戦(4-0)で今季2度目のマルチゴールを記録して勝利に貢献した。海外メディアも「ハーランドより圧倒的なストライカーはいるのか?」と20歳の怪物を絶賛している。

 ハーランドはフライブルク戦の前半31分、アメリカ代表MFジョバンニ・レイナのスルーパスをペナルティーエリア内で受けると、左足でゴール右隅へ流し込んで先制。さらに、セットプレーで1点を追加して迎えた後半21分に再びハーランドが魅せる。ボール奪取したレイナのスルーパスに走り込み、今度は豪快にニアをぶち抜き、この日2点目をマークした。

 ハーランドは開幕節のボルシアMG戦(3-0)に続き早くも2度目のマルチゴール達成。さらにチーム4点目となるドイツ人MFフェリックス・パスラックのゴールもアシストしている。

 身長194センチの長身ながらカウンターでは他の選手が追いつけないほどの猛スピードを誇り、難易度の高いシュートも冷静にゴールにねじ込む。昨季ザルツブルク、そしてシーズン途中に移籍したドルトムントで得点ショーを演じたハーランドへの評価は高まるばかりだ。

 スペイン紙「マルカ」は、「現在、ハーランドよりも圧倒的なストライカーはいるか?」との見出しで特集。フライブルク戦のパフォーマンスについて「多くの人がハットトリックを求めていたはずだ」としつつ、データを紹介している。

「ノルウェー人ストライカーは世界最高の9番の1人となった。誰か疑問はあるか? 彼は今季公式戦5試合で5ゴール。何人のストライカーがこれを記録している? ハーランドは昨季、公式戦40試合で44ゴール。これは47試合55ゴールの(ロベルト・)レバンドフスキと同じ平均得点数(1.1ゴール)だ」

 20歳にして、2019-20シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞に輝いたレバンドフスキと同等の結果を残しているハーランド。どこまで成長するのか、末恐ろしい逸材である。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング