本田圭佑、一石投じる「人と違うことに恥じるな。人と違うことに誇れ」発言に共感拡大

ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑【写真:AP】
ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑【写真:AP】

SNSに力強いメッセージを投稿、ファンが感謝「本田さんの言葉で前が向けそうです」

 ブラジル1部ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑が、28日に自身のツイッターを更新し、力強いメッセージを発信すると、「めちゃくちゃその言葉刺さりました!」「鳥肌」と共感の声が広がっている。

 同日に「残された子供のことを思うと悲しくなるやん。この件ツイートしんつもりやったんやけど」とつぶやいていた本田。10時間後に再びツイートし、「人と違うことに恥じるな。人と違うことに誇れ」とメッセージを発信した。

 SNSなどのソーシャルメディアの発達により誹謗中傷などが広まりやすく、人と比べる機会なども増えている昨今の風潮に触れたものとを思われる。本田は現役選手ながら、カンボジア代表の実質的監督として指揮するなど、前例のない道を歩いており、まさに異質のサッカープレーヤーだ。

 一石投じる形となった投稿を受けて、ファンから「本田さんの言葉で前が向けそうです。」「めちゃくちゃその言葉刺さりました!」「誇り持って行動します!」「共感します」「鳥肌」などの声が上がっており、本田の言葉は多くの人の心を打ったようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング