「投入が起爆剤に」 久保、古巣バルサ戦のプレーを現地称賛「ビジャレアルは劇的に改善」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアルはバルセロナに0-4と大敗 久保は後半29分から途中出場

 ビジャレアルは現地時間27日、リーガ・エスパニョーラ第3節でバルセロナと対戦し、0-4と大敗を喫した。日本代表MF久保建英は後半29分に途中出場し、限られた時間で積極的にチャンスを演出したが、スペインメディアは「クボが登場してから、ビジャレアルは劇的に改善した」と取り上げている。

 久保は今夏の移籍市場でビジャレアルに期限付き移籍を果たした。開幕節のウエスカ戦(1-1)では後半32分、第2節のエイバル戦では後半40分からの出場にとどまり、今節のバルセロナ戦でも3試合連続でベンチスタートとなったが、0-4で迎えた後半29分にピッチへと投入された。

 出場直後にスルーパスでチャンスを演出し、ペナルティーエリア右から強烈な左足のシュートでバルセロナのゴールマウスを急襲するなど、限られた出場時間で確かなインパクトを残した。状況を打開する結果こそ残せなかったが、スペイン大手紙「AS」は久保のパフォーマンスを評価している。

 記事では「クボが登場してから、ビジャレアルは劇的に改善した」と取り上げ、「クボの投入が起爆剤になり、ビジャレアルが抱える負債を減らす努力を見せ、バルセロナに対して閃光を示した」と記していた。2011年から15年までバルセロナの下部組織でプレーした久保だが、次の対戦では古巣を相手に結果を残したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング