イニエスタが“完璧”ワンタッチパス! 神戸の美しき先制弾を海外称賛「華麗なフットボール」

イニエスタを中心とした華麗なパスワークからの先制点を称賛【写真:高橋学 & 井上智博】
イニエスタを中心とした華麗なパスワークからの先制点を称賛【写真:高橋学 & 井上智博】

三浦新体制初陣で札幌に4-0快勝、イニエスタが3ゴールに絡む活躍で今季初の2連勝

 ヴィッセル神戸は26日、J1リーグ第19節で北海道コンサドーレ札幌をホームに迎えて4-0と勝利し、三浦淳寛新監督の就任初戦を白星で飾った。この試合では元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが3ゴールを演出する活躍を見せたが、海外メディアも先制点を導いた神戸の華麗な連動に注目している。

 21日にトルステン・フィンク監督の電撃退任とコーチ3人の契約解除を発表した神戸は、マルコス・ビベス・アシスタントコーチが暫定で指揮を執ったなか、前節のサガン鳥栖戦に4-3で競り勝ち8試合ぶりの勝利を収めた。そして24日には、スポーツダイレクターを務めていた三浦氏の新監督就任を発表。この日の札幌戦が新体制初戦となった。

 4試合連続のスタメン出場となったイニエスタは、序盤からチームの攻撃をコントロールすると、前半19分に先制点を演出する。敵陣中央でボールを受けたイニエスタは、左サイドの元日本代表DF酒井高徳にパス。左に流れながらリターンを受けると、今度はワンタッチで酒井に完璧なスルーパスを通すと、折り返しから最後は日本代表FW古橋亨梧が決めて神戸が先制した。

 3人が美しく連動した得点シーンについて、オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは「ヴィッセル神戸が演じる華麗なフットボール! 動きの中心にいるのは? イニエスタ」と綴って称賛。またヴィッセル神戸公式ツイッターが得点シーンを速報すると、ファンもコメント欄や引用ツイートで「パーフェクト! 美しい!」「完璧」「このバルササッカー見てよ」「『ワンタッチ』が『0・5点』だな」などと反応している。

 イニエスタはその後、同45分には約40メートルのスルーパスを古橋に通してMF郷家友太の2点目を導くと、後半17分にも古橋にロングパスを通して3点目を演出。まさに圧巻のパフォーマンスで、4-0の快勝劇に大きく貢献した。

 今季初の2連勝を飾り、守備面でも第6節のセレッソ大阪戦(0-0)以来、15試合ぶりの無失点。勝負の終盤戦に向けて、イニエスタが改めて存在感の大きさを示している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング