「角度のない位置から…」 神戸イニエスタの超絶弾を海外絶賛「なんて選手だ!」

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが1ゴール1アシストの活躍【写真:高橋 学】
ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが1ゴール1アシストの活躍【写真:高橋 学】

鳥栖戦で4-3の勝利、イニエスタが1ゴール1アシストと躍動

 トルステン・フィンク監督が電撃退任したヴィッセル神戸は、23日のJ1第18節サガン鳥栖戦で4-3と勝利を収めた。この一戦で元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが1ゴール1アシストと輝きを放ち、海外メディアは「角度のない位置からゴール」と絶賛している。

 前日にフィンク監督退任とコーチ3人の契約解除を発表した神戸はマルコス・ビベス・アシスタントコーチが暫定で指揮。前半9分にMF山口蛍が先制ゴールを決めたなか、同17分にFW金森健志の同点ゴールで追いつかれた。

 1-1で迎えた同20分にイニエスタが技ありの一撃を見せる。FW古橋亨梧が左サイドをドリブルで駆け上がり、ペナルティーエリア左へパス。ボールを受けたイニエスタがそのまま侵入し、角度のない位置から左足を振り抜いて鮮やかにニアサイドを破るゴールを叩き込んだ。

 その後、試合は打ち合いの様相を呈したなか、イニエスタが1アシストするなど躍動。最終的に4-3で神戸が撃ち合いを制して、リーグ戦8試合ぶりの白星を手にした。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「イニエスタがランプをこすってゴール」と速報し、さらに「スペインの伝説的名手が、サガン鳥栖戦で2-1とするゴールを決めた。古橋のカウンターに反応し、相手GK(守田達弥)に少し助けられて左足シュートが決まった」と伝えた。

 また同局のスポーツ情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターは「なんて選手だ! イニエスタが、角度のない位置からゴールを決めた」と絶賛。今季初ゴールとなったイニエスタの一撃に賛辞を送っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング