川崎、FW旗手の2得点で接戦制して6連勝 横浜FCのカズはJ1最年長出場記録を更新

2得点を決めて勝利に貢献したFW旗手怜央【写真:高橋 学】
2得点を決めて勝利に貢献したFW旗手怜央【写真:高橋 学】

点を取り合う展開を制して独走態勢を継続

 J1首位の川崎フロンターレは23日のJ1リーグ第18節横浜FC戦に臨み、3-2で勝利。6連勝を達成し、首位独走態勢を継続している。

 この試合は横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良が先発出場。53歳6カ月28日で元日本代表FW中山雅史の持つJ1最年長出場記録(45歳2カ月1日)を大幅に更新したことでも注目されたが、試合を支配したのはホームの川崎だった。

 序盤から優勢に試合を進めると、前半21分には日本代表MF田中碧がペナルティーエリア内で右足を振り抜き、強烈なシュートでネットを揺らして先制点を記録。横浜FCも反撃を試みたものの、前半は川崎がリードを活かす戦いを見せて1-0で終了した。

 後半は開始早々から試合が大きく動く。同1分に川崎が前線でボールを奪うと、最後はFW旗手怜央が右足で決めて2-0としたが、直後に横浜FCも元日本代表MF中村俊輔のCKからDF小林友希が背中で押し込んで1点差に戻している。

 その後、横浜FCはカズが後半11分にFW斉藤光毅と交代。選手交代で巻き返しを図るが、同21分には川崎が旗手のゴールで3点目を挙げて再び2点差となった。

 それでも横浜FCは後半28分にMF佐藤謙介が豪快なミドルシュートを突き刺して1点差に詰め寄る粘りを見せたが、同点に追いつくまでには至らず。ホームの川崎が首位の強さを見せ、3-2で6連勝を達成している。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング