横浜FM助っ人FW、マーカー翻弄の“回転式股抜き”に海外注目 「非常に素晴らしい」

横浜F・マリノスFWマルコス・ジュニオール【写真:小林 靖】
横浜F・マリノスFWマルコス・ジュニオール【写真:小林 靖】

鳥栖戦でマーカーのMF松岡大起を翻弄してゴール前にアタック

 横浜F・マリノスのFWマルコス・ジュニオールは、19日に行われたJ1リーグ第17節サガン鳥栖戦で今季10ゴール目を挙げ、3-1の勝利に貢献した。そのほかにも、マーカーを翻弄する回転式股抜きを鮮やかに決め、海外メディアも「非常に素晴らしい」と称賛している。

 2019年に横浜FMへ加入したM・ジュニオールは、1年目からリーグ戦33試合で15ゴールを挙げ、同僚FW仲川輝人と得点王を分け合うとともに、Jリーグベストイレブンに輝き、チームの優勝の原動力となった。

 2年目の今季も順調に得点を重ねるなか、鳥栖戦でも2-1で迎えた前半34分にMF水沼宏太のパスからネットを揺らし、リーグ3位タイとなる10得点目に乗せた。この得点シーン以外にも会場を沸かせたのが後半12分だ。

 サイドからのスローインを受けたM・ジュニオールは、突然マーカーの鳥栖MF松岡大起に背を向けたと思いきや、右足裏でボールを引き、そのまま反転しながら左足裏でボールを弾いてボールの軌道を変更。松岡の股下を鮮やかに抜き、そのままゴール前に切れ込んでみせた。

 M・ジュニオールは自らの公式インスタグラムで“回転式股抜き”の動画を公開。オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは「非常に素晴らしい」と称賛した。

 M・ジュニオールの投稿には同僚の水沼が目がハートの絵文字で反応したほか、海外ファンも「君は男の中の男だ」「伝説」「アイドル的存在」「俺たちのクリリン」といったコメントが寄せられている。

 現在、消化試合が一つ多い段階で首位・川崎フロンターレと勝ち点20差の7位(8勝3分8敗)と波に乗り切れない横浜FMだが、後半戦の巻き返しにM・ジュニオールの活躍は不可欠だ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング