「驚くべきデザイン」 ユーベ史上初の“オレンジユニフォーム”に世界騒然「非常に独創的」

ユベントスの3rdユニのデザインに賛否両論(※写真は1stユニフォーム)【写真:Getty Images】
ユベントスの3rdユニのデザインに賛否両論(※写真は1stユニフォーム)【写真:Getty Images】

新シーズンの3rdユニフォームを発表、名門のイメージを一新するデザインに賛否

 ユベントスは26日、2020-21シーズン用の3rdユニフォームを発表し、クラブ史上初となる大胆なオレンジカラーが採用された。イタリア名門のイメージと異なるデザインは世界各国でも大きな話題となっており、「醜い色」と酷評される一方、「非常に独創的」「とても良い」と評価されるなど様々な声が上がっている。

 ユベントスと言えば、伝統の白黒(ビアンコネロ)のストライプ柄がイメージとして定着しているが、新シーズンの3rdユニフォームはインパクトのあるデザインとなった。サプライヤーのアディダス公式サイトによれば、大胆なオレンジの配色はクラブ史上初だという。

 クラブの公式発表を受けて、地元の衛星放送「スカイ・スポーツ」イタリア版は、「驚くべきデザイン、イタリア王者の歴史の中で前例のない色だ」と報道。フランス紙「レキップ」も、そのデザインを「非常に独創的」と伝えれば、中南米のサッカー専門サイト「BOLAVIP」は「とても良い」と好意的な見解を示している。

 海外ファンの間では、発表後に「なんて醜い色だ」「恥ずかしい」「不名誉」など厳しい声が上がっていたユベントスの新3rdユニフォームだが、世界各国では賛否両論の様子。オレンジ色をベースとした独創的なデザインのユニフォームは、しばらくの間話題を呼びそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング