久保建英の来季パフォーマンスを人工知能が予測 最多は「7ゴール」か「6アシスト」

久保建英の今後、移籍先でのプレーをAIが予測【写真:Getty Images】
久保建英の今後、移籍先でのプレーをAIが予測【写真:Getty Images】

久保の活躍を人工知能で予測、セビージャとベティスでプレーした場合を想定

 日本代表MF久保建英の去就に注目が集まるなか、「IA(知能増幅)によるセビージャ、ベティスでの久保の活躍予想」と題してスペイン紙「エスタディオ・デポルティーボ」が特集を組んだ。両クラブに移籍した場合の来季ゴール数とアシスト数を予測している。

 久保は19年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍。シーズン後にマジョルカへ1年間のレンタル移籍が決まり、リーグ戦35試合4ゴール4アシストの結果を残した。チームは2部に降格した一方、輝きを放った久保は高い評価を得ており、今夏の争奪戦が繰り広げられている。

 記事では、国内の移籍先候補に挙がるセビージャとベティスを中心に取り上げ、「IAによるセビージャ、ベティスでの久保の活躍予想」と特集。人工知能(AI)技術を活用し、人間の知能を高めるという知能増幅(IA)を試みている。

「有名なビッグデータの他に、人工知能も高く評価されており、特定の選手を新しい環境(クラブ、リーグ、チームメート、監督、ゲームシステム)へ入れて予測を行う」と記し、久保の来季パフォーマンスを予測している。

「レアル・マドリードが所有権を持つ選手は、新シーズンでリーガでの65%の出場時間を得るという事実に基づき、人工知能はベティスでより多くの得点を挙げると予想(100%出場した場合、6点か7点)。一方最多のアシストは、レアル・ソシエダへ行った場合(5、6)としている」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング