“J1王者”横浜FM、なぜ開幕ダッシュに失敗? 「4戦フル出場0人」が示す連覇への土台作り

前回王者、横浜FMはスタートダッシュに失敗したのか【写真:高橋学】
前回王者、横浜FMはスタートダッシュに失敗したのか【写真:高橋学】

【J番記者コラム】大幅なターンオーバーを実施、開幕4試合でフルタイム出場選手はゼロ

 開幕から1勝1分2敗と、前年度王者の横浜F・マリノスが今ひとつ波に乗れていない。

 12日に行われたFC東京との一戦では、この試合がJ1通算100試合目となったFW遠藤渓太の今季初ゴールで先制に成功。しかし、その後はFC東京のFW永井謙佑やFWディエゴ・オリヴェイラのスピードを生かした攻撃に屈し、3失点で1-3と逆転負けを喫した。

 それでもアンジェ・ポステコグルー監督は「いいゲームができたと思うし、続けてやっていくことが大事。このサッカーを続けることで結果はついてくる」と前向きに総括した。さらに1勝1分1敗で終えたリーグ戦再開後の3連戦についても「この3試合は全体的にいいゲームができている。みんなを使いながら自分たちのサッカーができている」と手応えを明かした。

 振り返ると、この3試合は多くの選手を起用してターンオーバーしながら戦っていた。

 再開初戦の浦和レッズ戦(0-0)では、開幕戦のガンバ大阪戦(1-2)から先発を6人入れ替えた。右手骨折で戦線離脱しているGK朴一圭をはじめ、負傷による出入りこそあったものの、この中断期間中に復帰したMF天野純や新加入のDF小池龍太が先発し、反対に昨季の得点王であるMFマルコス・ジュニオールがベンチスタートという斬新な組み合わせで臨んだ。

 続く湘南戦(3-2)では浦和戦から5人をメンバーチェンジ。運動量が多く負担の大きい両サイドバックを入れ替え、3トップ中央にはFWエジガル・ジュニオを起用した。その試合では後半途中の3枚替えが奏功し、途中出場の天野やMF水沼宏太、FWオナイウ阿道が結果を残して逆転勝利を手にする。

 そして直近のFC東京戦は、湘南戦から今度は先発を7人替える策に打って出た。主将のMF喜田拓也や昨季のMVP&得点王のFW仲川輝人がベンチに座る布陣は、これから過酷さを増していく過密日程を戦うための、選手層の厚さを示したとも言える。

 開幕から4試合を消化し、横浜FMには早くもフルタイム出場の選手がいなくなった。4試合連続で先発したのもMF扇原貴宏ただ1人だ。優勝メンバーであろうと、個人タイトルを獲得した選手であろうと、特別扱いはしない。「11人の選手だけでなく、今シーズンは特に全員を必要としている」と話す指揮官は、選手たちのプレータイムを均等に分けることでその言葉を具現化した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング