トッテナムFWケイン、2つの“珍記録”樹立 プレミア史上初の“ダブル達成”に英注目

トッテナムFWハリー・ケイン(写真左)【写真:Getty Images】
トッテナムFWハリー・ケイン(写真左)【写真:Getty Images】

「全12カ月で得点」と「全曜日で得点」を同時に成し遂げる

 トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは現地時間2日のシェフィールド・ユナイテッド戦(1-3)で今季13得点目をマーク。この得点によりケインはプレミアリーグで「全12カ月で得点」と「全曜日で得点」という珍記録を打ち立てた。

 新型コロナウイルスの影響で3月中旬から約3カ月間の中断を余儀なくされたプレミアリーグ。例年であれば5月下旬にはシーズンが終わっているが、今季は終了時期が7月までずれ込んでいる。その影響により、ケインがプレミアリーグにおける珍しい記録を打ち立てることになった。

 一つ目の記録はケインが1月から12月までの12カ月全てで得点を決めたというもの。これは前日のウェストハム対チェルシー戦でブラジル代表MFウィリアンも達成していたため、これだけでは史上初ではないものの、ケインはこれに加えて月曜日から日曜日まで「全ての曜日」での得点を達成。英ブックメーカー「bet365」公式ツイッターはこの両方を達成した選手はケインが初と伝えた。

 また、英サッカー情報サイト「Squawka」はシェフィールド・U相手の得点により、ケインがこれまでリーグ戦で対戦してきた29クラブ全てから得点を決めたとも紹介。プレミアリーグ2度の得点王経験を持つ生粋の点取り屋が、さすがの決定力を見せつけた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング