「真の天才の11秒」 英雄マラドーナ、伝説の“5人抜き弾”をFIFAが再脚光「史上最高?」

1986年W杯でのマラドーナ【写真:Getty Images】
1986年W杯でのマラドーナ【写真:Getty Images】

1986年W杯イングランド戦で決めた世紀の一撃、FIFA公式SNSが動画を公開

 1986年メキシコ・ワールドカップ(W杯)で、1人の選手が世界のサッカー史にその名を刻み込んだ。アルゼンチン代表の10番を背負った小柄なMFディエゴ・マラドーナ。母国を二度目の世界一に導いたプレーは今もファンの間で語り草となっているが、そのハイライトと言えるのが6月22日に行われた準々決勝イングランド戦だろう。FIFA(国際サッカー連盟)のW杯公式ツイッターは34年後の同日に、1本の動画を公開。「真の天才の11秒」と記し、伝説の“5人抜き”ゴールを振り返っている。

 メキシコシティのアステカスタジアムで行われたゲームは、アルゼンチンがイングランドを2-1で破ったが、マラドーナが決めたその2ゴールはサッカー史に残るゴールとして人々の脳裏に焼きついている。まずは0-0で迎えた後半6分に生まれたのが「神の手ゴール」だ。浮き球に反応してゴール前に走り込んだマラドーナは、飛び出した相手GKピーター・シルトンと1対1の場面を迎えるなか、ジャンプしながら左手の拳でボールをヒット。明らかなハンドだったが主審が見逃したことで、アルゼンチンに先制点がもたらされた。

 そして物議を醸した得点からわずか3分後、今度は世紀の「5人抜きゴール」が生まれる。ハーフウェーラインから約10メートル手前の自陣右サイドでボールを受けたマラドーナは、右回りにターンしながら相手2人をかわして縦へドリブル開始。軽快なステップを踏み、前方に立ちはだかった3人目のDFを左アウトサイドで中央へかわすと、さらに加速していく。そして4人目を縦にかわすと、最後はGKシルトンもかわして最後は倒れ込みながらゴールに流し込んだ。

 W杯公式ツイッターは、この「5人抜きゴール」の動画を「#OnThisDay」企画として投稿。「真の天才の11秒」と記すと、「史上最高のゴール?」とファンに呼びかけ、返信欄では「彼の靴には磁石が付いていた」「マラドーナは神」など様々なコメントが寄せられていた。34年が経った今も、天才マラドーナが決めた世紀のゴールのインパクトは失われていないようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」