吉田麻也の“完全移籍”へ追い風 古巣サウサンプトン、同僚DFに18億円オファーか

サンプドリアに所属するDFオマール・コリーにサウサンプトンが興味か【写真:Getty Images】
サンプドリアに所属するDFオマール・コリーにサウサンプトンが興味か【写真:Getty Images】

吉田の古巣サウサンプトン、サンプドリアDFコリーの獲得を画策

 イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンが、イタリア・セリエAのサンプドリアからDFオマール・コリーの獲得を狙っているという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」などが報じている。

 サウサンプトンとサンプドリアの間では、冬の移籍市場で日本代表DF吉田麻也の期限付き移籍が成立した。サンプドリアにシーズン終了までの契約で加入した吉田だったが、実戦から離れていたこともありしばらくデビューは訪れなかった。その時に吉田のポジションで出場していた選手がコリーだ。

 結果的に、コリーに数試合ミスが続いたことで、3月8日のヴェローナ戦で吉田にフル出場デビューの機会が訪れた。吉田を高く評価するクラウディオ・ラニエリ監督は、今季終了後に完全移籍で吉田を獲得することを望んでいるという。

一方で、吉田を放出したサウサンプトンがコリーの獲得を望むという複雑な状況のようだ。サンプドリアに対しては1500万ユーロ(約18億円)ほどのオファーを予定しているという。

 コリーがサウサンプトン行きとなれば、吉田のサンプドリアへの完全移籍へは追い風になると見られる。やや変わったトレードのような移籍話は今後、どのような進展を見せるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング