「まず日常生活があり、サッカーは二の次」 コロナ禍で思い出すオランダ英雄の言葉

オランダの英雄、フリット氏【写真:Getty Images】
オランダの英雄、フリット氏【写真:Getty Images】

【識者コラム】フリット氏の言葉が証明される事態、感染対策を考えればサッカーの試合は大敵

 ミランで3度の欧州制覇を成し遂げたルート・フリット氏(元オランダ代表)がイタリアを去るタイミングで、インタビューをしたことがある。非白人を徹底排除するアパルトヘイト政策に立ち向かい、南アフリカ大統領になったネルソン・マンデラ氏と深い交流を持ち、ミュージシャンとしても活動をしてきた同氏らしい価値観を語っていた。

「イタリアの洗練された美的センスには感心する。でも時々サッカーにはオーバーに騒ぎ過ぎる。ミランがチャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに勝って決勝進出をしたら、一般紙までが1面で扱うんだ。年金問題、南アフリカ問題、旧ユーゴ情勢……世の中には重要なニュースが溢れているのにね。個人的には、まず日常生活があり、サッカーは二の次だと思うよ」

 まさにフリット氏の言葉が証明される事態が訪れた。新型コロナウイルスが世界的に流行し、現時点では1人も感染者が出ていないというベラルーシ以外では公式戦が休止になっている。

 率直に今は、来年6月に欧州選手権や、7月に東京で五輪が開催される状況は想像できない。2002年末から翌春にかけて流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、有効な対処法も見つからないまま終息を迎えたそうだが、もしワクチンを待たなければならないとすれば「開発まで最短で1年半、市場に出回るようになるまでには5~15年ほどかかる」という米国立感染研究所所長のコメントもある。

 UEFAチャンピオンズリーグでのアタランタ対バレンシア戦に象徴されるように、スタジアムを熱狂の坩堝に変えるサッカーの試合は、感染対策を考えれば一転大敵になる。感染経路の遮断を考える以上、沈静化した国から徐々に試合再開に踏み切るのだろうが、国際交流のほうは途方もなく先送りにされるのかもしれない。

 一方で感染病が招いた経済的ダメージは、サッカー界にも転機を促す可能性がある。すでに選手たちの年俸カットの話題が次々に報じられており、巨大産業化や移籍金の高騰には歯止めがかかり、ビッグクラブと育成型クラブの落差が縮小され、ひと昔前のように国ごとの代表やクラブチームの特徴が色分けされる状態に回帰していくのかもしれない。

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング