C大阪MF清武、故郷の学校再開報道に直訴 「大分県だけが大丈夫だという保証はない」

セレッソ大阪MF清武弘嗣がSNSで学校再開について言及【写真:NAGANO Noriko】
セレッソ大阪MF清武弘嗣がSNSで学校再開について言及【写真:NAGANO Noriko】

子供を持つ父親として、清武が主張「状況が落ち着いてからの学校への登校を…」

 セレッソ大阪の元日本代表MF清武弘嗣は7日に自身の公式ツイッターを更新し、故郷・大分県の一部の学校が8日から再開することを受けて、子供を持つ父親として「#大分県の小中高等学校の休校延長を」と訴えている。

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、日本でも3月下旬に入って感染者が急増している。感染爆発が懸念される状況のなか、4月から各地で学校が再開される方針となっていた。

 大分県では6日、臨時休校している県立中学・高校を8日から再開することを決定。多くの地域の小中学校で同日、入学式や始業式が開かれた。県民に対する7日までの不要不急な外出自粛要請も解除される見込みとなっている。

 地域によっては休校延長や再休校も決断されているが、一律での方針とはなっていない。そのなかで、大分県出身で、地元クラブの大分トリニータで育った清武は自身のツイッターで「#大分県の小中高等学校の休校延長を」と切り出すと、複雑な胸中を記している。

「大分県出身の僕個人の意見…大分県での学校再開の話が僕の耳にも入ってきています。僕自身がこんな事を言っていいのかわからないけど、、、子供を持つ親としてこの判断が正しいものかわかりません。今世界をめぐってもニュースをみればコロナの話。そんな中、大分県だけが大丈夫だという保証はないと思います。今急ぐ事でないのであれば、状況が落ち着いてからの学校への登校を考えるべきかと思います」

 今季から大分に移籍し、2015年に生まれた長男を持つFW渡大生は「他人事ではないです」と清武のツイートを引用する形で反応。コメント欄には「行かせるか悩んでます…」「全国一斉にしないと」「子供達が危ないですよね…」「行動力に感銘を受けました」と賛同する声が多く上がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング