「全員を驚かせる」 リバプール、移籍市場の“革命”を英指摘「南野拓実と類似した…」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールが大幅な選手入れ替えを敢行? 「全てが変わるかもしれない」

 世界中で感染拡大している新型コロナウイルスの影響により、プレミアリーグを含む欧州主要リーグが中断を余儀なくされている。日本代表MF南野拓実にとっても難しい時期となっているが、リバプール専門メディアは移籍市場で「全員を驚かせる」と指摘した一方、「南野拓実と類似した移籍が1つ2つあるかもしれない」と言及している。

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスは現在、欧州でも猛威を振るっており、プレミアリーグも4月30日までの延期が決定。その後の再開も不透明な状況だ。今年1月にザルツブルクから加入した南野にとっても、在籍2カ月でリーグとクラブが活動休止となり、新天地に適応するうえで足踏みを強いられている。

 中断が長期化すれば、今夏の移籍市場にも影響を及ぼす可能性が高いなか、リバプール専門メディア「リバプール・コム」は「リバプールの移籍動向はファンが望まない形で全員を驚かせるかもしれない」と見出しを打ち、「全てが変わるかもしれない。革命が起きる」と指摘している。

 「多くの人々が(モハメド・)サラーの去就に注目しているが、(ジェイドン・)サンチョや(ティモ・)ヴェルナーが次なるリバプールの赤を着用し、アンフィールドの空を明るく照らす未来に思いを馳せている」と、トッププレーヤーの入れ替わりを示唆した一方、元イングランド代表MFアダム・ララーナやスイス代表MFジェルダン・シャキリは退団する方針であるとも伝えている。

 また、「南野拓実と類似した移籍が1つ2つあるかもしれない」と、725万ポンド(約10億4000万円)と“バーゲン価格”で獲得した南野のような手堅い補強を敢行する可能性に言及している。今季7試合出場でノーゴールノーアシストとなっている南野だが、新たなライバルが加わらないうちに結果を残したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング