柴崎岳、デポルティボが自宅トレーニング動画公開 「正しい形でルーティンをこなす」

デポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】
デポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】

新型コロナウイルスでリーグが中断しているなか、自宅でオリジナル腕立て伏せを実施

 世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響により、欧州5大リーグを含めてヨーロッパ全域でリーグの中断を余儀なくされている。スペインでも1部、2部リーグともに最低2試合の延期が決定しているなか、デポルティボは一本の動画を投稿。日本代表MF柴崎岳が自宅でトレーニングに励む様子を伝えている。

 2019年7月にスペイン1部ヘタフェから同2部デポルティボへ移籍した柴崎。2ボランチの一角で起用されてきたが、チームは開幕戦のレアル・オビエド戦(3-2)に勝利後、19戦未勝利(9分10敗)と苦戦を強いられた。柴崎自身も昨年10月以降、ベンチスタートで出番を得られない試合が増え、12月中旬には練習中に左足を負傷するなど実戦から遠ざかった。

 そのなかで、今年1月16日に行われたリーグ第23節ラシン・サンタンデール戦(2-1)で約1カ月半ぶりに実戦復帰。中2日で迎えた19日のカディス戦にも2試合連続でスタメン起用されると、移籍後初アシストで決勝点をお膳立てした。2月23日に行われた第29節サラゴサ戦(1-3)で2枚のイエローカードを受けて退場となったが、柴崎に対するフェルナンド・バスケス監督の信頼は厚い。

 新型コロナウイルスの影響でリーグが中断され、柴崎が最後に試合に出たのは3月7日のリーグ第31節アルメリア戦(4-0)。それでも、来たるべきリーグ再開のタイミングに向けて、自宅で可能なトレーニングに励んでいるようだ。

 すでにJFA(日本サッカー協会)公式YouTubeチャンネルを通じ、ストレッチポールやボールを使った体幹トレーニングの模様を披露していたが、デポルティボ公式ツイッターが最新の動画をアップした。

「おはよう#デポルティビスタス! 土曜も練習はすべき、それは何の予定がなくてもだ。ガク・シバサキは正しい形でルーティンをこなしている」

 このように綴られた映像では、体幹や股関節を意識しながらの腕立て伏せを黙々とこなす柴崎の様子が収録されている。選手たちも自主隔離を余儀なくされ、我慢の時間が続いているが、今はコロナウイルス感染のリスクを避けつつ、それぞれができることに徹するしかない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング