EURO延期が「唯一の方法」 UEFA会長、新型コロナに揺れる今季日程“完了”へ苦渋の決断

EURO開幕は来夏に延期へ【写真:Getty Images】
EURO開幕は来夏に延期へ【写真:Getty Images】

チェフェリン会長、1年延期の理由を説明 「まだ確信はないが…」

 欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今夏に予定されていた欧州選手権(EURO)の開催を1年延期すると発表した。UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は、この決定が中断している欧州各国のリーグ戦を完了させる「唯一の方法だった」と苦渋の決断について語った。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 新型コロナウイルスの感染は欧州で急速に拡大しており、主要各国のリーグ戦はすでに中断している。このまま中断期間が長引けば、全日程を消化できずにシーズン終了を迎える最悪のシナリオも予想されている。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)やUEFAヨーロッパリーグ(EL)などのカップ戦も、同様に中断されている。

 UEFAのチェフェリン会長は、新型コロナウイルスの脅威から選手や関係者を守ることが最優先であることを強調したうえで、今季の各国リーグ戦を完了させるためにEUROの延期は不可避だったと語った。

「我々は皆、この恐ろしいウイルスがヨーロッパ全土でフットボールと暮らす人々の生活を困難なものにしていることを知っている。コンペティションを中止しなければならなかったことを理解している。すべての国のリーグ戦、すべてのクラブコンペティションを終了させる機会を与えるためには、EUROを延期することが唯一の方法だと考えている。まだ確信はないが、我々はファンや選手の健康を考えるべきだ。それと同時にフットボール全体のこと、フットボールの収益構造のことも考えなければいけない」

 なお、UEFAは現在中断されている各国リーグ戦とCL、ELの開催について、6月30日までに完了させる方針を明らかにしている。いまだ混乱が続くなか、欧州サッカーシーズンは全日程を完了することができるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング