53歳最年長FWカズの“功罪” 韓国誌が敬意も「J1適応困難」を指摘「技量を見た時…」

韓国のサッカー専門誌で特集されたカズ【写真:高橋学】
韓国のサッカー専門誌で特集されたカズ【写真:高橋学】

今季で現役生活35年目、26日に53歳の誕生日を迎えたカズに韓国メディアも注目

 横浜FCに所属する“カズ”こと元日本代表FW三浦知良は23日のJ1リーグ開幕戦、敵地でのヴィッセル神戸戦でベンチ外となり、J1最年長出場記録の更新は見送られた。韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」は“カズの功罪”を特集し、「挑戦を楽しむ視線もある」と指摘した一方、「J1に適応困難」と分析している。

 現役生活35年目を迎えたカズは、1993年のJリーグ開幕からプレーしている唯一のJリーグ最年長選手だ。1993年にリーグMVP、1996年に得点王を受賞し、3度のベストイレブンに選出。イタリアやクロアチア、オーストラリアでもプレーするなど、日本サッカー界の顔として長年プレーしてきた。

 2006年から横浜FCに在籍し、今季で在籍15年目を迎えるなか、韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」は日本のレジェンドに注目。「下平隆宏監督率いる横浜FCは、13年ぶりにJ1に復帰した。横浜FCには、かつての日本サッカーの象徴である三浦知良がプレーしている。1967年生まれの三浦は2月26日に53歳となる」と報じ、26日に53歳となったカズを特集している。

「三浦は実際、すぐに引退してもおかしくない年齢だ。ほとんどのサッカー選手が30代半ばを超せないことを勘案すれば、すでにその時期を10数年近くも超越している」

 超人的な肉体を維持し、現在もトップアスリートとしてプレーするカズに敬意を表している。そのプロフェッショナルな姿勢は周囲に好影響を与えているが、韓国メディアはマイナスの影響も指摘した。

「もちろん、一部では三浦の挑戦を楽しむ視線もある。しかし、その反面、彼の存在が仲間に良くない影響を与えるという見方もある。三浦の出場時、運動量が急減した影響で、他の選手たちは多大な体力的負担を担わなければならない」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング