J1最多タイ“631試合”出場の遠藤保仁、記録達成の理由とは? 「100個ぐらい挙がるけど…」

ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】
ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】

G大阪の開幕戦で“先輩”楢﨑に並ぶJ1通算631試合に出場 「正剛さんの偉大さを痛感」

 ガンバ大阪MF遠藤保仁が23日、Jリーグ開幕戦となる横浜F・マリノス戦でJ1最多タイとなる通算631試合出場を達成した。2018年限りで現役を引退した元日本代表GK楢﨑正剛(名古屋グランパス)に並ぶ大記録。先発に名を連ねた遠藤は、2-1の勝利に貢献し、自身が持つ最多の21年連続開幕スタメンの記録も更新した。

 やはりこの男には開幕のピッチがよく似合う。敵地での開幕戦で背番号7が輝いた。今季で40歳となりプロ23年目を迎えた遠藤は、横浜FM戦に先発出場。G大阪は前半からハイプレスで果敢に攻め込み、同6分にMF倉田秋が先制点を奪取した。同34分にはMF矢島慎也がネットを揺らすも、GK東口順昭のフィードに抜け出した倉田にオフサイドの可能性があり、VARでの映像確認後、追加点が認められた。

 2-0で前半を折り返したG大阪は、終盤に横浜FMの猛攻を受け、後半29分にはMFマルコス・ジュニオールにゴールを許した。それでも、守護神の好セーブも光って守り切り、9年ぶりに開幕戦を白星スタート。遠藤の記録に花を添えた。

 長い長い道のりだった。1998年に鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに入団。この日と同じスタジアム(当時は横浜国際総合競技場)で高卒1年目から開幕先発に名を連ねた。遠藤が開幕先発を外れたのは京都パープルサンガ(当時)に所属していた99年だけで、13年のJ2時代を含めて21年連続でスタメンを務めた。さらに、プロ1年目から23年連続での開幕戦出場。横浜F時代の先輩である楢﨑に並ぶJ1最多タイとなる通算631試合出場という記録ずくめの一戦となった。遠藤は試合後、いつも通り冷静に口を開いた。

「まだ並んだだけですけど非常に嬉しく思いますし、正剛さんの偉大さを痛感しております。これだけ試合に出る大変さは僕と正剛さんしか分からないところもあるので、フリューゲルス時代の先輩ですし、正剛さんの記録に並ぶことができて嬉しく思います」

 運命の巡り合わせか。常々、記録を更新するたびに遠藤が口にする「印象深い試合」は、プロ1年目の開幕戦。98年3月21日に横浜マリノス(当時)と対戦した。あれから22年の時を経て、再び開幕のピッチに立った遠藤。“鉄人”はなぜここまで記録を重ねることができたのか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング