G大阪MF遠藤保仁、J1最多タイの631試合出場達成 自身の21年連続開幕スタメン記録も更新

ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】
ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】

横浜F・マリノスとの開幕戦で先発出場 楢崎正剛の記録に並ぶ

 ガンバ大阪MF遠藤保仁が23日、開幕戦となる横浜F・マリノス戦でJ1最多タイとなる通算631試合出場を達成し、18年限りで現役を引退した元日本代表GK楢崎正剛(元名古屋グランパスなど)に並んだ。遠藤は先発に名を連ね、自身が持つ最多の21年連続開幕スタメンの記録も更新した。

 今季で40歳となりプロ23年目を迎えた遠藤は、1998年に鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに入団。この日と同じスタジアム(当時は横浜国際総合競技場)で高卒1年目から開幕先発に名を連ねた。遠藤が開幕先発を外れたのは京都パープルサンガ(当時)に所属していた99年だけで、13年のJ2時代を含めて21年連続の記録を更新。さらに、プロ1年目から23年連続での開幕戦出場となった。

 公式戦1000試合以上をこなした遠藤は、かねて「一番思い入れがあるのはプロ1年目の開幕戦」と話していた。高卒1年目でプロの第一歩を踏み出した思い出の地で、金字塔を打ち立てた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング