「日本代表が視界に戻ってきた」 柴崎、一撃必殺スルーパスに称賛「ガクの素晴らしい供給」

移籍後初アシストをマークしたデポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】
移籍後初アシストをマークしたデポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】

柴崎がカディス戦で決勝点をアシスト 「監督も日本人への賛辞を惜しまなかった」

 スペイン2部デポルティボの日本代表MF柴崎岳は、現地時間19日のリーグ第24節カディス戦で2試合連続の先発出場。移籍後初アシストで決勝ゴールをお膳立てし、1-0の勝利に貢献した。スペイン紙は「ガクの素晴らしい供給」と称賛し、「日本代表が指揮官の視界に戻ってきた」と主張している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2019年にスペイン1部ヘタフェから加入した柴崎だが、昨年10月以降は出場機会を失い、12月には練習中に負傷していたが、1月16日に行われたリーグ第23節ラシン・サンタンデール戦(2-1)で約1カ月半ぶりに実戦復帰を果たすと、19日のカディス戦にも2試合連続で先発に名を連ねた。

 ボランチで起用された柴崎は0-0で迎えた後半20分、高い位置でパスを受けた柴崎は、相手選手4人に囲まれるなかでペナルティーエリア内へピンポイントのスルーパスを供給。FWサビン・メリノの決勝ゴールをお膳立てした。

 スペイン紙「ラ・オピニオン」は「ガクの素晴らしい供給」と取り上げ、「フェルナンド・バスケス監督も記者会見で日本人への賛辞を惜しまなかった」と説明。「日本代表が指揮官の視界に戻ってきた」と復調のきっかけを掴んだと主張していた。この試合を機に、レギュラーの座を確固たるものにすることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング