神童ムバッペ、大胆不敵な“ラボーナ弾未遂”が海外で話題 「別世界のゴールに近づいた」

PSGでプレーするフランス代表FWキリアン・ムバッペ【写真:AP】
PSGでプレーするフランス代表FWキリアン・ムバッペ【写真:AP】

リーグ杯サンテティエンヌ戦でエリア外から際どい“ラボーナ”シュートを放つ

 パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、今季も開幕からコンスタントにゴールを重ねており、21歳ながらスター軍団の中で確固たる地位を築いている。その勢いは2020年を迎えても衰えることなく、現地時間8日に行われたリーグカップ準々決勝のサンテティエンヌ戦でも1得点2アシストの活躍で6-1の勝利に貢献したが、その試合で見せた大胆不敵な“ラボーナ弾未遂”が話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今季のムバッペは負傷離脱する時期があったものの、リーグ・アンで首位を走るPSGでチーム最多11ゴールをマーク。ラウンド16進出を果たしたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも、5試合5ゴールと高い得点力を見せている。

 リーグカップ準々決勝のサンテティエンヌ戦では、チームが3-0とリードした後半にムバッペが猛威を振るう。後半4分に右サイドを突破してからの折り返しでアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディのゴールを演出すると、同12分には左サイドを抜けて再びイカルディの得点をアシスト。その10分後には、お返しとばかりにイカルディからのパスを受けたムバッペが決めて6-0となった。

 その後、1点を返されて迎えた同33分に、再びムバッペが魅せる。カウンターの場面で敵陣に走り込み、左サイドからグラウンダーのパスが供給されると、中央を走るブラジル代表FWネイマールはスルー。ボールはゴール正面やや右寄り、ペナルティーエリア手前に走り込んでいたムバッペの足もとへ。パスが自陣方向へ流れたため立ち止まり、相手ゴールに対して半身の状態となったムバッペは、これを左足でコントロールするかに見えたが、次の瞬間、左足を軸足としてその後方に右足を通す“ラボーナ”でダイレクトシュート。ゴールまでは15メートル以上の距離があったなかで狙った大胆不敵なシュートは、右にカーブしながらゴールの左を逸れていった。

 5点差がついた圧勝ムードの終盤だったからこそ繰り出したシュートと言えるが、瞬時の判断で見せた妙技に海外メディアも反応。スペイン紙「AS」が「今年最高のゴラッソになり得たムバッペのラボーナ」「別世界のゴールに近づいた」と伝えれば、スペイン紙「マルカ」も「もう少しで今年最高のゴールになった残忍なラボーナ」と紹介した。中南米のサッカー専門サイト「BOLAVIP」も「壮大なラボーナ」としたうえで、「奇跡の年間ベストゴールとはならなかった」と、“未遂”に終わったことを伝えている。

 毎試合のように卓越したスキルを披露し、観る者にインパクトを与えているムバッペ。このペースでゴールを量産し、チームも悲願の欧州制覇を成し遂げれば、2020年のバロンドール受賞にも近づくかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」