昌平、終了間際の劇的弾で8強へ! 1年生MF篠田が決勝弾、國學院久我山を下す

昌平高校が國學院久我山高校に勝利(写真は入場行進時のものです)【写真:Football ZONE web】
昌平高校が國學院久我山高校に勝利(写真は入場行進時のものです)【写真:Football ZONE web】

PK戦突入かと思われた後半アディショナルタイム2分に決勝点が生まれる

 第98回全国高校サッカー選手権は3日に3回戦の試合が各地で行われ、浦和駒場スタジアムでの第1試合は、試合終了間際の決勝ゴールで昌平(埼玉)が國學院久我山(東京B)に1-0で勝利し、8強への進出を決めた。

 2回戦で退場者を出しながらPK戦を制して勝ち上がってきた國學院久我山に対し、大会初戦を興国(大阪)に快勝した昌平の一戦は、関東対決とあって多くの観客が入り白熱した雰囲気になった。

 前半から両者が攻撃的な姿勢でゲームを進めるなか、シュートに持ち込む回数が多いのは昌平だった。前半16分にはMF須藤直輝が左サイドから一気に突破して、FW小見洋太にマイナスのラストパスを通す決定機を演出するも、シュートは距離を詰めたGK村上健がブロック。さらに同33分には昌平のMF柴藤瞬が放ったミドルも村上がファインセーブ。試合は0-0のままハーフタイムを迎えた。

第98回全国高校サッカー選手権大会のベスト8が出揃った【画像:Football ZONE web】
第98回全国高校サッカー選手権大会のベスト8が出揃った【画像:Football ZONE web】

 後半に入ると昌平がより攻勢を強めた。その中で後半4分には柴藤のシュートが左ポスト、同8分には小見のシュートがクロスバーに嫌われ、なかなかゴールを奪えない。その後も攻め込んだ昌平だったが、村上がファインセーブ連発。國學院久我山は同22分に途中出場のFW清井大輔がゴール前で反転してシュートを放つチャンスがあったが、これは昌平のGK牧之瀬皓太がストップし、両チームのスコアが動かないまま試合が進んだ。

 そして、PK戦突入が濃厚だと感じられた後半アディショナルタイム2分、昌平は途中出場の1年生MF篠田大輝が左足を強振すると、クロスバーに当たって下に落ちたボールはゴール内へ。劇的な決勝ゴールで昌平が1-0の勝利を飾り、ベスト8へと進出した。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング