國學院久我山・清水監督、10人PK勝ち達成の“秘話”明かす 「10人で守り切るよりも…」

國學院久我山の清水監督【写真:Football ZONE web】
國學院久我山の清水監督【写真:Football ZONE web】

退場者を出しながらも専大北上にPK戦で勝利

 第98回全国高校サッカー選手権2回戦が2日に行われ、國學院久我山(東京B)は初出場の専大北上(岩手)に0-0のPK戦で勝ち切った。10人になりながらも2回戦を突破した國學院久我山の清水恭孝監督は、「守り切るよりも、10人でも攻めたい」という攻撃姿勢の徹底を選手に伝えたことを明かした。

 開幕戦の前原(沖縄)戦でFW山下貴之(3年)とFW山本航生(3年)が、開幕戦においての史上初の2人同時にハットトリックを達成した。8-0の大勝を収めたことは、注目を浴びた。清水監督も「(選手は)難しかったと思いますね。2人がハットトリックをして、どうしても注目される」と話したが、専大北上に思い切りよくゴールに迫る姿勢に押される時間帯もあった。

 そうしたなかで0-0のまま迎えた後半11分、DF加納直樹が2枚目のイエローカードを提示されて退場処分になってしまった。すでにハーフタイムの時点でセンターバックの1人を交代させており、そのパートナーが退場処分に。清水監督は「それでも、10人で守り切ってPKにというのではなく、10人でも攻めたい」という姿勢をピッチ上の選手たちに伝えたという。

 実際に、その残り30分間ほどでは、FW山本航生を中央に据えた3トップを維持し、中盤を1人削って乗り切った。両ウイングは攻守に運動量が求められたが「よく頑張ってくれて、1人1人が10パーセント多く出すというものを見せてくれた」と、結果的にはPK戦に突入となったものの、苦境を乗り越えた選手たちを称えた。

1月2日試合結果一覧【画像:Football ZONE web】
1月2日試合結果一覧【画像:Football ZONE web】

 そしてPK戦に向けては「PKはキックの技術が高い方が勝つと思っていますし、我々は技術のところにこだわってきた。だから、自信を持って蹴ってくれと伝えました」と選手たちを送り出したと話す。そして、7人目までもつれ込んだ末に6-5で勝利を収めた。

 この選手権を最後に退任が決まっている清水監督が目指すのは、あくまでも悲願の全国制覇。3回戦では浦和駒場スタジアムで地元・埼玉県代表の昌平と戦うことになるが、「よく知っているチームですし、テクニカルで素晴らしい相手。良いゲームができると思います」と、攻撃サッカー同士の対戦を歓迎している。

 初戦の8-0と、2回戦の10人になった上に0-0からのPK勝ちという両極端な勝ち上がりとなった國學院久我山だが、こだわりの技術を前面に出して頂点を狙っている。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング