米誌「過去10年間の高給アスリート10傑」発表 サッカー界から2人、1位は1000億円超

「過去10年間の高給アスリート10傑」に名を連ねたC・ロナウド(左)とメッシ【写真:Getty Images】
「過去10年間の高給アスリート10傑」に名を連ねたC・ロナウド(左)とメッシ【写真:Getty Images】

各界の豪華アスリートがズラリ サッカー界からC・ロナウドとメッシがランクイン

 プロ選手としての契約金だけでなく、スポンサー契約など、諸々の契約を含めて選手は金銭を稼いでいる。米誌「フォーブス」は「過去10年間で最も高い給料を手にしたアスリート」のランキングを発表。世界のトップアスリートたちがズラリと並ぶなか、ランキング入りを果たしたサッカー界のトップスターであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)は、5000万ポンドの差でC・ロナウドが上位に位置づけることになった。

 今回のランキングには、モータースポーツ界のルイス・ハミルトン(10位)、バスケットボール界のケビン・デュラント(9位)、レブロン・ジェームズ(4位)、ゴルフ界のフィル・ミケルソン(7位)、タイガー・ウッズ(6位)らがランクイン。多くの選手の高額給料は、テレビ契約やスポンサー契約によるものが中心となっている。

 そんななかトップ3にはサッカー界から2人の選手がランクイン。3位にはアルゼンチンとバルセロナのエースストライカーを務めているメッシ。その総額は7億5000万ドル(約821億2000万円)と、世界のアスリートの中で3本の指に入るほど給料を稼いだようだ。

 ただ、そんなメッシを上回ったのがC・ロナウドだ。ソーシャルメディア系にも強いポルトガル人アタッカーは、副収入を含めて過去10年間8億ドル(約876億円)を荒稼ぎ。ライバルのメッシ超えを果たして、サッカー界のトップに君臨している。

 ちなみにサッカー界のスーパースター2人が上位にランクインしたなか、1位にはボクシング界のフロイド・メイウェザーが輝いた。彼の稼いだ金額は驚異の9億1500万ドル(約1002億円)。C・ロナウドを圧倒するほどの金額を稼ぎ、ナンバーワンとなっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド