チェルシー、“屈辱的”な8年ぶりホーム連敗 ランパード監督「疑問符が付けられる」

チェルシーのランパード監督【写真:Getty Images】
チェルシーのランパード監督【写真:Getty Images】

本拠で力を出せず、指揮官も落胆 「ホームでこのような状況が続けば…」

 チェルシーは26日に行われたプレミアリーグ第19節で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、0-2で敗れた。この敗戦により、最近のリーグ戦7試合で5敗目を喫したチェルシーのフランク・ランパード監督は、ホーム戦での難しさについて言及した。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 チェルシーはFIFAにより1月の移籍市場では補強が禁じられていたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への訴えが認められ、処分が軽減された。そのため1月には選手の補強が可能となっている。サウサンプトン戦の敗戦が移籍市場での動きにつながるか、と問われたランパード監督は「私は選手たちのことを学ぶことができた。特にこういう試合でどうなるかね」と切り出し、自身の考えを明らかにした。

「難しい状況に陥るゲームでは、選手たちの人間性がプレーの質と同じように試される。2つの面でテストされるんだ。2-0で勝利したトットナム戦のように、すべてがうまくいった後は、私たちは世界最高で、選手たちは最高と評され、私も最高の監督と称えられる。しかし、今日は疑問符が付けられる。その人間の本当の強さが問われるのは、疑問符がつけられた時だと私は思っている」

 チェルシーがホーム・スタンフォードブリッジで連敗を喫したのは、2011年10月と11月のアーセナル戦(3-5)、リバプール戦(1-2)以来8年ぶりのこと。同じ会場で0-1のスコアで敗れた第15節のボーンマス戦と同じ状況だというランパード監督は、「ホームでこのような状況が続けば、よりプレッシャーを感じながら戦うことになってしまう。誰もがその話をして、私たちはそれを感じながら戦うことになるからね」と、流れを変える必要性を口にした。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」