「あばら骨にスパイクを…」 韓国代表エース、“蹴り上げ蛮行”の退場劇に英紙騒然「暴力行為」

退場を命じられたトットナムFWソン・フンミン【写真:Getty Images】
退場を命じられたトットナムFWソン・フンミン【写真:Getty Images】

トットナムFWソン・フンミン、2019年で3度目のレッドカード 「かかとをジェット発射させた」

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間22日、プレミアリーグ第18節のチェルシー戦(0-2)に先発出場したが、転倒した際の報復行為により、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、レッドカードの一発退場を命じられたことに英メディアが注目している。

 トットナムに途中就任したジョゼ・モウリーニョ監督とチェルシーのフランク・ランパード監督による“師弟対決”として注目を集めた一戦だったが、スポットライトを浴びることになったのは韓国人エースだった。0-2で迎えた後半17分、左サイドで相手DFアントニオ・リュディガーと競り合った際に転倒すると、どさくさに紛れてリュディガーの腹部を両足で蹴り上げた。

 このプレーがVAR確認の対象となると、意図的な報復行為とジャッジされ、主審はレッドカードを提示。ソン・フンミンはピッチに崩れ落ち、嘆きながらロッカールームへと引き揚げたが、2点のビハインドを背負った状況で数的不利を抱えたトットナムは反撃の術なく、“ビッグ6”の直接対決で手痛い黒星を喫することになった。

 英紙「デイリー・メール」は「トットナムの悲惨な1日をさらに悪化させる暴力行為」と取り上げると、「かかとをジェット発射させた韓国の重鎮がリュディガーのあばら骨にスパイクを押し込んだように見えた」と指摘し、「この退場により、伝統ある熾烈なロンドンダービーは終戦を余儀無くされた」と、勝敗に多大な影響を与える場面となったことを強調している。

 ソン・フンミンは2019年で3度目のレッドカードとなり、第11節エバートン戦では相手MFアンドレ・ゴメスに強烈なタックルを浴びせて、一発退場。それでも、その後は“謝罪ジェスチャ―”を行うなど、反省する様子も見せていた。プレミア屈指のアタッカーへと飛躍を遂げた韓国人エースだが、“危険”なプレーには気を付けなければいけない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング