明治大キャプテン佐藤亮、同点PKに込めた“祈り” 「思いを背負って蹴れば、絶対に…」

明治大キャプテン佐藤亮【写真:Football ZONE web】
明治大キャプテン佐藤亮【写真:Football ZONE web】

インカレ決勝で桐蔭横浜大と対戦 1点ビハインドで得たPKを冷静に沈める

 明治大は22日、インカレ(全日本大学サッカー選手権)決勝で桐蔭横浜大を延長戦の末に3-1で破り、10年ぶり3回目の大学日本一に輝いた。同点弾を決めたキャプテンのFW佐藤亮は、PKを蹴る前にボールに込めた“思い”を明かしている。

 明治大は総理大臣杯、関東大学サッカーリーグ1部を制して、関東地区第1代表としてインカレに2回戦から参戦。中京大、筑波大、関西学院大を下して決勝に駒を進めた。桐蔭横浜大との決勝では90分を終えて0-0で延長戦に突入。延長前半2分にセットプレーから先制点を奪われたものの、同6分に佐藤亮がPKを決めて同点とすると、同8分にはDF蓮川壮大が逆転弾を記録。さらに延長後半7分にもMF森下龍矢(サガン鳥栖内定)が追加点を挙げ、3-1で今季のタイトル“総なめ”を達成した。

 キャプテンの佐藤亮は大会前に負傷し、今大会は準決勝で初出場、決勝で初先発となった。すると負傷の影響を感じさせないパフォーマンスを見せ、最前線で攻守にチームを牽引。鋭い仕掛けとキープ力、時にはパワフルなシュートで相手の脅威となり、守備に移っても素早い切り替えから激しいプレッシャーをかけていた。

 1点ビハインドの延長前半に得たPKは、同点とする千載一遇のチャンス。キッカーの佐藤亮は、FC東京U-18時代からの盟友であるMF安部柊斗(FC東京内定)から受け取ったボールを額に当てて数秒間、思いを込めた。そしてボールを地面に置き、一呼吸おいてシュートを放つ。明治大の逆転劇の足がかりとなる一撃がネットを揺らした。

PKに込めた想いとは【写真:Football ZONE web】
PKに込めた想いとは【写真:Football ZONE web】

 試合の行方を左右するPKを前に、佐藤亮はどんな思いを込めたのか。試合後に聞くと、次のような答えが返ってきた。

「今まで4年間やってきた同期であったり、22年間育ててくれた家族であったり、そういった人たちの思いをあのボールに込めて蹴りたいという思いがあった。そういう人たちの思いを背負って蹴れば、絶対に決められると思っていましたし、それだけの責任感を持ってあのボールを蹴るつもりでした。そういった思いを持って、あのボールに祈りを込めました」

 様々な人々の思いを背負い、自らの力に変えて蹴り込んだ同点弾。明治大では「高校の時も一番前で頑張る選手ではありましたけど、それ以上に仲間の思いを背負いながら戦うというところ。あとは決定的な場面でしっかり仕事をするというところは、成長できたんじゃないかなと思います」と自認するキャプテンにとって、その集大成とも言うべき一振りだった。

 負傷からスタートした今大会は、「みんなで一緒に頑張ってきたのに、『ここで俺が離脱するのか』というのは正直、ありました」とも吐露する。それでも仲間がつないだ舞台で復活し、大仕事を完遂。“3冠”チームのキャプテンとして、その名を歴史に刻み込んだ。

(片村光博 / Mitsuhiro Katamura)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング