ドイツ1部で“トップ昇格”の19歳日本人MF 渡欧して感じた「日本サッカーとの違い」は?

フォルトゥナ・デュッセルドルフのアペルカンプ真大【写真:中野吉之伴】
フォルトゥナ・デュッセルドルフのアペルカンプ真大【写真:中野吉之伴】

【アペルカンプ真大インタビュー|第1回】デュッセルドルフと2021年までプロ契約、下部組織から昇格した異色の経歴

【第2回|ドイツで挑む夢のブンデス出場と学業の両立】

【第3回|独1部クラブと“プロ契約” 家族の支えに感謝】

【最終回|”いい道を歩いている”U-23監督、精神面評価】

 アペルカンプ真大(しんた)を知っているだろうか。

 フォルトゥナ・デュッセルドルフと2021年までプロ契約を結ぶ19歳の選手で、現地では将来性を高く評価され、ブンデスリーガデビューを期待されている存在だ。日本の年代別代表にも何度か名を連ねており、17年3月のU-17日本代表のアメリカ遠征に招集され、18年6月にはU-18日本代表としてリスボン国際大会に臨んでいる。

 日本人選手がヨーロッパで育成アカデミーからトップリーグデビューするという形は、基本的に難しい。早い段階で海外に来たほうがいいという声もあるが、そもそものところでFIFAルール19項に18歳以下の国際移籍禁止の条項がある。そんななか、なぜアペルカンプはドイツの育成機関でプレーする機会を手にすることができたのだろうか。そしてどのようにプロ契約を勝ち取り、どのような未来図を描いているのだろうか。現地で本人へ直接インタビューを行い、これまでの経緯、ドイツでの挑戦、プロ契約、トップチームへの思いなどを連載形式でお届けしたい。

   ◇   ◇   ◇

 渡独のきっかけは父親のドイツ転勤だった。ドイツ人の父親と日本人の母親を持つアペルカンプが生まれたのは東京。中学生時には三菱養和ジュニアユースでプレーをしていたが、15年に父親の仕事の都合でドイツに移り住む機会がきた。家族の引っ越しによりドイツに住むことになったわけだから、普通に移籍は許可される。

「ドイツに来たのが15年6月で、それからデュッセルドルフのフォルトゥナでトライアウトを受けました。1~2回練習参加させてもらったんですが、すぐにOKと言われて。ただ最初は国際移籍だったこともあって、登録の関係などで、8カ月くらい公式戦とかテストマッチも出られなかったんです。その頃は練習だけだったので辛かったですけど、いつも100%でやって、いつか必ずできるようになるからと、その時を待ってやってましたね」

 無事にフォルトゥナ・デュッセルドルフU-16でデビューを飾ったアペルカンプはその後、順調にU-17、U-19へと昇格していく。U-19での2年目にはキャプテンも務めた。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング