「チームとしてバラバラ」 鎌田大地、急失速のフランクフルトに危機感

フランクフルトMF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトMF鎌田大地【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】直近リーグ6試合で勝ち点わずか「1」 シャルケ戦でも「変な失点の仕方」で敗戦

 フランクフルトがなかなか勝てない。11月2日、ブンデスリーガ第10節でバイエルン・ミュンヘンに5-1で快勝した時は、ここからリーグでもさらに上位へという期待が膨らんでいたが、そこから急失速。直近リーグ6試合で勝ち点わずかに「1」と低迷している。15日に行われた第15節シャルケ戦(0-1)ではこれまで以上に守備位置を深くして、アウェーでまずはしっかりと守るところから始めようとしていた。流れが悪い時は欲張らずに、まずは勝ち点1でもしっかりと持ち帰る。そのプランも悪くはない。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この日ベンチスタートだった日本代表MF鎌田大地は、外から「いつもは前から前からという感じでしたけど、今日は少し下がって相手にやらせてというやり方でやっていたので。見ていても失点する感じはしなかったし、相手もセットプレー自体も、身長が大きい選手はいなかったので、変な失点の仕方をしなければ、(勝ち点)1以上は持ち帰れるかなと思って見ていました」と前半のチームの戦いぶりを評価していたが、上手くいっていない時はまさにその「変な失点の仕方」をしてしまうものだ。

 後半8分、DFのアルマミ・トゥーレが中盤で不用意にドリブルで持ち上がろうとしたところを狙われてボールを奪われると、そこからのカウンターからあっさりとFWベニト・ラマンにゴールを許してしまう。ほとんど相手に決定機を許していなかっただけに、自滅のような形で失点するのは痛い。

 その直前、アディ・ヒュッター監督に呼ばれ、出場の準備をしていた鎌田は「失点の仕方もイージーだったし、すごいもったいないなと思います」と口にする。本来は「前で上手くボールキープして」という指示がされていたが、「僕がピッチに入るところに立っていたら失点したので。言われていたことと、いざピッチに入ってやるとなったら違うものになったなと」と振り返る。

 フランクフルトに流れが生まれそうな瞬間はあった。同21分にシャルケGKアレクサンダー・ニューベルがロングボールをクリアしようとペナルティーエリアを遠く飛び出してきたが、ボールに先に追いついたガチノビッチを“カンフーキック”で蹴り倒してしまい一発レッド。数的有利になったことで、フランクフルトは一気に同点に追いつくべく攻撃を活性化させた。

 だが、自陣深くに守るシャルケを相手にサイドから闇雲にクロスを放りこむばかり。確かにこの日、長身FWバス・ドストが復帰していた。とはいえ、徹底マークをしてくる相手を抑え込みゴールを決めるのは難しい。

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」