鎌田大地と“二つの顔” ブンデスで不運続くも…ELで放つ特大の輝き「今は凄くいい」

前向きな姿勢を見せたフランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】
前向きな姿勢を見せたフランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】

ヘルタ戦で“幻のゴール”、ブンデス初ゴールはまたもお預け

 ヘルタ・ベルリン戦の前半38分、フランクフルトの本拠地コメルツバンク・アレーナが大きな歓声に包まれた。

 左サイドを突破したMFフィリップ・コスティッチがマイナス気味にスピードのあるパスをペナルティーエリアに送ると、走りこんだFWゴンサロ・パシエンシアがこのボールをスルー。詰めてきていた日本代表MF鎌田大地が右足ダイレクトでゴールネットを揺らした。鎌田は笑顔でアシストを送ってくれたコスティッチのもとに駆け寄る。

 だがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の結果、直前のプレーでコスティッチが相手選手を押し倒していたために、残念ながらノーゴールになってしまう。待望のブンデスリーガ初得点となるはずが“幻”となってしまっただけに、「ブンデスに関しては、まだゴールも生まれてないし。まあ、不運というか……なんだろう、1点が遠いなと思います」と、試合後に残念がるのは無理もない。

 だがチームを率いるアディ・ヒュッター監督にとって、このシーンでのオフェンス陣の動きは停滞気味の攻撃に関して非常に満足のいくプレーの一つだった。「あのシーンでゴンコ(パシエンシア)は、最初スペースをあけておいてからそこにダッシュで入り込んだ。相手DFを戸惑わせて、そしてボールをスルーした」と、一連の動きを高く評価した。

 FW陣がさぼっているわけではない。だが、得点をなかなか奪えないでいると、とにかく自分がどのようにシュートするかばかりに意識がいきがちになり、スペースを作る動きや味方を生かす動きができなくなってしまうことがある。鎌田も、そんな同僚に理解を示している。

「やっぱり前の選手とかは気持ちの面で、自分で思ってなくても1点取れるだけで楽になったりとか、1点取るだけでいろいろ変わってくると思うので、それをみんな待つしかないと思います。あれだけ点を取れないというのは、自分たちが何か一つ噛み合っていなかったりだとか、あとは少しの運だったり、そういう部分が今は足りていないのかなと思うし。僕自身も(UEFAヨーロッパリーグ/EL)アーセナル戦から、すごくゴール自体には近づけていると思うし。こういうのを続けていくことが大事かなと思います」

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」