鎌田大地と“二つの顔” ブンデスで不運続くも…ELで放つ特大の輝き「今は凄くいい」

前向きな姿勢を見せたフランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】
前向きな姿勢を見せたフランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】

ヘルタ戦で“幻のゴール”、ブンデス初ゴールはまたもお預け

 ヘルタ・ベルリン戦の前半38分、フランクフルトの本拠地コメルツバンク・アレーナが大きな歓声に包まれた。

 左サイドを突破したMFフィリップ・コスティッチがマイナス気味にスピードのあるパスをペナルティーエリアに送ると、走りこんだFWゴンサロ・パシエンシアがこのボールをスルー。詰めてきていた日本代表MF鎌田大地が右足ダイレクトでゴールネットを揺らした。鎌田は笑顔でアシストを送ってくれたコスティッチのもとに駆け寄る。

 だがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の結果、直前のプレーでコスティッチが相手選手を押し倒していたために、残念ながらノーゴールになってしまう。待望のブンデスリーガ初得点となるはずが“幻”となってしまっただけに、「ブンデスに関しては、まだゴールも生まれてないし。まあ、不運というか……なんだろう、1点が遠いなと思います」と、試合後に残念がるのは無理もない。

 だがチームを率いるアディ・ヒュッター監督にとって、このシーンでのオフェンス陣の動きは停滞気味の攻撃に関して非常に満足のいくプレーの一つだった。「あのシーンでゴンコ(パシエンシア)は、最初スペースをあけておいてからそこにダッシュで入り込んだ。相手DFを戸惑わせて、そしてボールをスルーした」と、一連の動きを高く評価した。

 FW陣がさぼっているわけではない。だが、得点をなかなか奪えないでいると、とにかく自分がどのようにシュートするかばかりに意識がいきがちになり、スペースを作る動きや味方を生かす動きができなくなってしまうことがある。鎌田も、そんな同僚に理解を示している。

「やっぱり前の選手とかは気持ちの面で、自分で思ってなくても1点取れるだけで楽になったりとか、1点取るだけでいろいろ変わってくると思うので、それをみんな待つしかないと思います。あれだけ点を取れないというのは、自分たちが何か一つ噛み合っていなかったりだとか、あとは少しの運だったり、そういう部分が今は足りていないのかなと思うし。僕自身も(UEFAヨーロッパリーグ/EL)アーセナル戦から、すごくゴール自体には近づけていると思うし。こういうのを続けていくことが大事かなと思います」

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング