JリーグMVP仲川輝人、E-1第2戦・香港戦出場へ意欲 「イメージはできている」

MF仲川輝人は香港戦では出場なるか【写真:Football ZONE web】
MF仲川輝人は香港戦では出場なるか【写真:Football ZONE web】

3-4-2-1のシャドーとしてのプレーを「イメージしながら試合を見ていた」と明かす

 森保一監督率いる日本代表は韓国・釜山で開催されているE-1選手権に参加し、10日の初戦では中国を2-1で下した。今季のJリーグMVPに輝いたMF仲川輝人(横浜F・マリノス)は出番なしに終わったが、「コンディションの調整という意味では良い形で次の試合を迎えられる」とポジティブに捉え、次戦に向けた調整に励んでいる。

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用。試合序盤は苦しんだが、前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)で先制すると、後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)のゴールで加点。終盤に1点を返されたものの、重要な初戦で勝ち点3を手にしている。

 終盤には3枚目の交代カードとして投入されるかと思われたが、チームが失点を喫して1点差に詰め寄られたこともあり、最後まで出場の機会は訪れなかった。ただ、「自分も出たい気持ちはありましたけど、コンディションの調整という意味では良い形で次の試合を迎えられるとは思っています」と前向きに捉え、14日の香港戦のために調整を続けている。

 森保監督は中国戦で3-4-2-1システムを採用し、一定の成果をあげた。香港戦でもシステムは継続すると見られるなか、仲川が入るとすれば2シャドーの位置。中国戦では「結構、イメージしながら試合を見ていました」と明かし、指揮官からのシャドーの選手たちへの要求にも耳を傾けながら、攻撃における具体的なイメージを固めつつあるようだ。

「間、間を取っていく。DFとボランチの間とか、一番良いポジション。相手からすると誰が付くのかという中途半端なポジションを上手く取りながら、攻撃に絡めればいいかなと思っています」

 また、崩しの局面では中国戦でMF森島司(サンフレッチェ広島)が見せたように、1トップのポストプレーから前向きに仕掛けるプレーも求められる。香港戦では相手が引いて守備を固めてくることも予想されるが、「縦パスが入った時、裏に抜ける動きとトップから落としてもらう動き、どっちのほうがチャンスになるのか、トップの受け方とか体勢も見ながら動き出していければいい。イメージはできています」と頼もしい。

 今季のJ1ではMVPだけでなく得点王(15得点)も獲得しており、最終局面での能力の高さは折り紙付き。システムに関係なく、良い形に持ち込んだ際の得点力に疑問の余地はない。「個の力で打開していくのも必要になってくる」と意気込む背番号10の“代表デビュー”は、どのようなものになるだろうか。

(Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング