「絞殺するような…」 ネイマール、豪快ファウルの被害シーンが話題「まるで柔道の一本」

パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:Getty Images】

開始早々、モンペリエMFショタードに引き倒れた場面に海外注目

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、現地時間7日に行われたリーグ・アン第17節モンペリエ戦で同点FK弾を決め、3-1の逆転勝利に貢献した。この試合中、相手から首をつかまれて引き倒されるシーンが注目を集め、「絞殺するかのよう」「柔道の一本のように…」と反響が拡大している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合はPSGが苦戦する展開となった。ホームのモンペリエに先制点を奪われ、後半途中まで劣勢が続くも、後半29分に獲得したFKをネイマールが沈めて同点。その2分後にネイマールのアシストからフランス代表FWキリアン・ムバッペが勝ち越し弾を決めると、さらにアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがダメ押しの3点目を叩き込み、PSGが逆転勝利を飾った。

 衝撃のワンシーンが生まれたのは開始早々の前半3分だ。自陣のセンターサークル付近で縦パスを受けたネイマールがワンタッチでボールを上げると、反転してドリブルへの移行を試みる。これに対応したフランス人MFジョリス・ショタードは逆を突かれ、抜かれまいと両手を喉元にかけ、そのまま引き倒す豪快なファウルを見せたがイエローカードは提示されなかった。

 海外サッカーサイト「onefootball」は1週間の注目シーンを複数取り上げ、そのなかでネイマールの被害もピックアップ。「サッカーはどうなった?」と伝えた一方、「ネイマールはあらゆる面で常に危険。そのためショタードは積極果敢にマークした」と記している。

 また、サッカーメディア「90min」ドイツ版は「ネイマールは、ブラジルのスターを絞殺するようなショタードのファウルの被害者」と言及。さらに「ショタードがネイマールに柔道」と表現しつつ、「ショタードは全くボールに対してプレーしておらず、まるで柔道の一本のように、肩や首を引っ張って引き倒すことだけに集中していた」と報じた。

 PSGが鮮やかな逆転勝利を収めたなか、ネイマールが“被害者”となった場面が話題となっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」