「準備の部分で何か問題があった」 森保監督、“2連敗”の原因に言及「トレーニングで…」

日本代表の森保一監督【写真:高橋学】
日本代表の森保一監督【写真:高橋学】

ベネズエラ戦は1-4で大敗…十分な練習を組めず

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランク28位)は19日に国際親善試合ベネズエラ(同26位)戦に臨み、1-4で大敗を喫した。前半だけで相手エースFWサロモン・ロンドンにハットトリックを達成されるなど4失点。後半に途中出場したMF山口蛍(ヴィッセル神戸)が1点を返したものの、観客からは大ブーイングを浴びせられる結果となった。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 地鳴りのようなブーイングがパナソニックスタジアム吹田に響いた。前半8分、DF室屋成(FC東京)が右サイドでブラジルの強豪サントスに所属するMFジェフェルソン・ソテルドに翻弄されてクロスを上げられ、相手エースが頭でゴール。先制点を許すと、同30分には左サイドを崩されて2失点目。3分後に3失点目、その5分後には4失点目……と、修正できずに守備が崩壊した。相手エースは33分間でハットトリックを達成。コパ・アメリカのチリ戦(0-4)に続く、森保ジャパン最多タイの4失点だが、あまりに内容が悪かった。

 今回は14日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦に招集された欧州組から一部メンバーを入れ替えて、国内組が新たに選出された。先発には主力組のMF中島翔哉(ポルト)、主力組のMF柴崎岳(デポルティボ)以外は、経験値の少ない選手が名を連ね、キルギス戦からは8人が入れ替わった。17日にはU-22日本代表を率いて、広島で行われたU-22コロンビア戦(0-2)も戦っており、指揮官自身、長距離移動もありながら、実質“3チーム”の指揮を執ったことになる。U-22代表に続いての“2連敗”について、森保監督が要因を語った。

「上手く結果につながらなかったのは、私が監督として準備の部分で何か問題があったのではないかと考えている。トレーニングの内容で言えば、相手のプレッシャーがきついなかで、攻撃の形を作るという連係、連動のトレーニングをしたが、もっとクオリティーを求めることや、プレッシャーのなかでプレーをする、試合に近い形やさらに難しい形でトレーニングをすることが必要だったと思っている」

 U-22代表、今回のベネズエラ戦に向けた練習では指揮官自身が見ることができず、コーチに託した日もあった。“いつも通り”の主力組はキルギス相手に苦戦しつつも勝利を収めたが、急造となった今回のチームは戦術練習を落とし込む時間も短いなか、失点を重ねても立て直すだけの修正力を培うことまではできず。すっかり気温が下がった大阪で、厳しい試合を強いられることとなってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング